ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

地震のこと

皆さん無事でしょうか?
私は元気です。

さて、あまりにも長い2日を経験したので書くことがたくさんありますが・・・
私の行動のさわりだけまず・・。

私は埼玉県某所のお店でお仕事しておりました。
揺れは結構なもので、すぐに思い出したのは5・6年前の夏に起きた地震。
確か東京近郊でも震度5くらいだったはず。
百貨店だったのですが、比較的低いフロアに居たのでそれでも大したことがなかったほうらしく、上階は商品が倒れたりカフェの食器が割れて水浸しになったりしてたみたい。
私の周りでは誰も怪我することなくとりあえずおさまりました。

それから2時間しないうちになぜか職場閉鎖され追い出されました。
あ、追い出されたって言ういい方はダメだな。
とりあえず「電車は止まってますけど、解散っ!」と言われました。
解散って。。。麒麟のあの人の『ホームレス中学生』かよ。
そのへんの詳しくはまた別で書きたいと思います。(←別に書くこと1個目。解散されたこと。)
ある意味ちょっとムッとしてるんで。

今回の私のお仕事は、いわゆるお仲間的な人がいません。
場所もなじみのないエリア。
お世話になっているスタッフさんに、多少同じ方向かなと言えなくもない知り合いを紹介され、その方とご一緒させていただくことに。
でも、駅まで行ったら案の定全線不通。しかも「今夜は復旧しません」と言い切った。
言い切るってなかなかないよね。
何人かご一緒してたはじめましての女の子たちは、各々ご家族やらお友達が迎えにくるとか、歩いて帰るとかの手段を見つけ結局一人に・・・。あうぅ。。
一応、途中までなら車で乗っけていけますよという声はかけていただいたのだけど、どれだけの規模の駅かわからないし、辺鄙なとこに下ろされるくらいならこのそこそこ大きな町に居たほうがまだいいかもと思ってお断りしました。

地震発生から3時間半。
実は携帯が一度も通じず、誰にも自分の無事を知らせていないし、家族がどうしているかもわかりません。
日頃から、ひとり行動わりと大丈夫な私でも、さすがに慣れない土地で知ってる人誰もいない、頼るとこなしは正直心細かったです。
でも、意外なことにその時は落ち着いてんのね。
私、かなりテンパっててもクールって言われがちだから、ほかの人から見たらもっとだったと思います。

とりあえず公衆電話の長蛇の列に並んでみました。
何分待ったか正直覚えてないです。それくらい時間の感覚がちょっとおかしいのです。
でも30分以上1時間未満かな。
公衆電話で自宅に電話。
父が休みなのは知っていたので、とりあえず父とおすかは無事、母は訪問介護の仕事をしているのでいつも通り仕事先に回っているとのこと。
そりゃそうだ。
一人暮らしのお年寄りほど不安なことはない。
迎えにこれないか尋ねても、まず車がないというわけ。
父からの指示は、とりあえずコンビニかなんかで食べ物と飲み物だけでも確保すべしということだけでした。
一瞬笑った。マジで。
けど情報の全く入らない私には今考えると意外にありがたい情報だったかも。
すぐに近くのコンビニを探したけど、土地勘ないし、駅のニューデイズほか、皆閉鎖してるんだもの。
とりあえず、マジ?そんなに危機迫ってんの???って思って、駅のお菓子自販でおなかにたまりそうなお菓子をGet。
お昼用に買って残してた一口サイズの菓子パンもあるし、お水も半分残ってるから、餓死はないぞ。
あとはトイレ、混んでるだろうから早めに・・・って思ったらすでに長蛇の列。
しばらく並んだところ、どこかのおばちゃんが
「高島屋が、店長さんが今、閉店しても皆さんに売り場スペースを開放されると言われたので、ぜひ高島屋に行ってください。おトイレもあるしあったかいので!!」
と教えに来てくれたのです。
そういえば、父からのアドバイス、もう一個あったんだった。
「とりあえずおまえは@@@に戻ったほうがいい」
そう、私がお仕事してた某お店。
けど、もうシャッターしまって解散されたしーーーー。
結局その後そこが一般開放したのかは知りませんが、とりあえずおばちゃんのアドバイスで駆け込んだ高島屋。
あったかい・・・。
排水の水は濁っていたものの、ちゃんと流れるしほかはきれい。
ありがい。ほんとありがたい。
そこで父からの指令を思い出す私。
閉店時間5分前の高島屋。
ほぼみなさんへ移転作業済みだったのだけど、駆け込んだフォションのパン屋さんにレジ待ちの人が見えました。
残っている品物といえば、クッキー、ジャム、バゲット、食パン。
嗚呼パン好きでよかった。
普段ならちょっと躊躇してしまうフォションのパン。美味しいけどなかなかいいお値段。
けれど迷うことなく食パン一斤買いました。即決です。
食パン一斤とお茶で620円くらいだったかな。
しかも、意外に冷静で、ちゃんと薄くスライスされた状態のを選んでる私。
イギリス風の山型のパンも美味しいけど、切ってないと食べにくいじゃん。

これで見事、食べ物、飲み物、トイレ、座るところ、そしてあったかい。一通りそろいました。
もう怖い物はありません。地震くらい。まさに。
野宿経験豊富な私だものね。あったかいってのだけでも楽勝です。
ありがたい高島屋生活。
もともと、高島屋っ子だったけど(しかし一番好きな百貨店は伊勢丹。親しみ深いのは松坂屋。)、すっかり「高島屋さすがだね!」「love高島屋!!」と連発。心の中だけね、ひとりだから。
そんな高島屋の素晴らしさありがたさはまた別に書くとして・・。(←別に書くこと2個目。高島屋のこと)

19時に始まった高島屋生活。いろいろありながら翌10時半まで。
およそ14時間半か。
どっか行けるね。アメリカとかヨーロッパとか。
しかも、ひたすら座ってときどき寝て本読んで食パンかじる・・・エコノミー症候群まっしぐら。
食パンはかじらないね、ホントのフライトでは。
逆に今度飛行機のる時あえて食パン持ち込もうかな。フォションの。

なんとなく動き出した電車もあるようだったので、どうにか駆使して家に帰るか、せめて横になって寝させてくれる人の家に行けないか(例えば親戚とか弟のマンションとか)と思って駅まで行ったら、ラッキーにも柏まで1本のルート開通。
乗り換えの心配なく、地元まで来れると安心なので、飛び乗りました。
通常よりも時間のかかる徐行運転だったけど、2時間弱かけて帰宅。
家に着くともうすぐ13時。
ホント長旅でした。
ある意味帰りは直行便だったけど、気分だけは乗り継ぎ2回くらいする格安航空券の旅って感じ。

とにかくこの一晩、時間だけはあったのね。
携帯の充電を気にしなかったら、ブログ相当書きたいくらいにネタもあるんだよね。
しかも、読んでた本が余計にその気分に拍車をかけるって言うか。
ま、それは別に書くとして。(←別に書くこと3個目。本のこと)
ほかにも、出会った受験少女のことや、急に押し寄せた恐怖のことなど、いろいろ書きたいけどそれもまた別のはなし。

ちなみに我が家、かなりすごいことになってました。
被害って言うほどじゃないんだけど、収集癖のたまもの。たまものって言わないか。
飾り棚の小さい物とか、DVD、CD、ビデオの類。ぶちまけたみたいになってました。
父がなんとなく直しといてくれたみたいだけど、テレビも倒れてたらしい。
液晶だけど無傷でよかったぁ~。LOVEテレビ!だからね私。
悪いけど高島屋よりもLOVE。舌の根も乾かないうちに断言するけど。
で、来週のフェスに備えて販売用作品あえて並べてるとこだったので、余計にすごい。
災害で生き残ったベアたち展・・って感じ。
あ、一応無傷なので、ちゃんと販売できます。

さらに・・・
我が一族、だれも負傷してないみたい。
親戚には、仙台に住んでるいとことか、北海道に住んでいるいとこの義理のご両親とかいるけど、みんな無事。
よかったです。

けど、気を抜かず気をつけないと。
皆さんも!
[PR]
by natsue-t_bear | 2011-03-12 20:52 | その他 | Comments(1)
Commented by nico at 2011-03-13 10:05 x
無事でなにより。