ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

いらないものは手に入れない

何度かブログにも書いているような気もするけれど、最近、雑誌を買うのを躊躇することがとても多いわたし。
それは、付録。

以前までは、結構付録にはめられてそんなに読みたいとは思わなかった雑誌も買ったりしてしまっていたけど、最近では、むしろ付録があることによって買わない、いや「買えない」といったことのほうが多いのです。
例えば、全体的に好きな感じの雑誌があって、毎回買うわけじゃないけどときどき買うかも~くらいだとします。
CMやら広告やらで今月号の特集が何かを知って、それが例えばわたしの好きなもの興味あるものだったりするとするでしょう。
内容が気になるので、では買ってみようか・・と思うわけです。
けれど付録が付いている。
苦手なジャンルのモノじゃないにせよ、欲しいわけでもなく、おそらくわざわざ「使おう!」と思わなければきっと使わないであろうものだったら、正直言って手に入れたくないのですわたし。
要らないからと言って、捨てるのが嫌。
かといって、無理に使うのもと思う。
例えば化粧ポーチとかだったとしたら、すでに気に入っているものを使っているので、無理に変えたくないのです。
友達とか大切な周りの方々からいただいたプレゼントだったりしたら、その気持ちもいただきたいので、たとえ多少好みじゃなくても使いますし、ありがたいと思う。
けれど、付録にはそういう気持ちはないわけで・・・。
で、付録が欲しくないので、雑誌も買わない。
立ち読みで済ませると言う選択も、付録つきだとチラ見さえできないこともしばしば。

そもそも、女性誌の付録、大半がポーチやカバーやバッグだと思うのだけど、わたしくらいのそこそこの大人は喜んで使う人どれくらいいるのでしょう?
わたし、おしゃれなファッション誌になればなるほど、対象年齢が大人になればなるほど、その確率って低いと思っていました。

そしたらいやいや!!!
女性誌をたくさん買ってその付録について日々解説している人のサイトとかあるらしいですね。
びっくりでした。
友人はそれを参考にして付録目当てで雑誌を買うことも多いと言っていましたし。
どのくらいの割合なのかという割合って部分はとりあえず置いておくとしても、少なくとも女性は付録が好きなようです。
確かにわたしも嫌いってわけではないんだよなぁ・・・・

しかしどうしても無駄に思える大人女性誌の付録。
きれいでおしゃれなモデルさんとか女優さんの表紙の右上当たりに今月の付録とか写真が載っていると、「ぜーったいこの人このバッグ使わないでしょ・・」と思ってしまうのです。

なんか話ずれて来た・・・・

いや、大人女性誌に付録はつけるなって話でもないし、付録の内容が雑誌の内容やターゲットにあってないんじゃない?って話でもなく、(まぁ、そうと言えばそうなんだけど今回の言いたいことではなく・・・)、「付録があることによって、本来読んでみたいと思った雑誌を買えないわたし」ってのを言いたい。
そういう人いないの??

最近では、同じ号で雑誌の大きさが2種類出ているものとかあるけど、付録ありとなしとか選べたらいいのにな。
これ、前にも書いた気がするけど、その昔わたしが子どもの頃の少女漫画雑誌にあった「全プレ」のシステム、必要金額の切手を送ると全員貰えるってあれ、その手のシステムにするとかね~。
いや、そもそも、最近なかなか売るのが難しいという雑誌を付録でつなごうっていう考えは捨てて(って言う考えなのかは知らないけど)、ウチの雑誌、内容で勝負してますっっ!みたいな潔さを求めます。
女性誌作っている人、読んでてくれないかなぁ~・・・・
[PR]
by natsue-t_bear | 2014-05-01 15:50 | その他 | Comments(2)
Commented by トム at 2014-05-01 21:05 x
わかるわかる!
年末バックのいるいらないやってて、付録のポーチやミニバック捨てたもん。
それ以来付録付きの雑誌買ってないなー。そう、買えないだね。
あとは広告が多すぎて重たい雑誌も。。
Commented by natsue-t_bear at 2014-05-03 12:01
ファッション誌の広告のページの割合ってきっとかなりあるよね~。
誰か(バラエティ番組とかでも)ページ数えてみてくれないかなぁ。
しかも、女性ファッション誌の広告ってめちゃくちゃいい紙使ってない?
写真きれいだけどもったいないし、重いね、確かに。