ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:腱鞘炎のはなし( 16 )

なんだかなぁ・・・

気合い十分でバーゲン初日に乗り込んだらもう終わってた・・みたいな気分です。

昨日、整形外科に行きました。
で、久しぶりの人は初診扱いなシステムだったので、2時に受付、2時半に午後診療が始まって、名前が呼ばれたのが3時半。
「以前のとは違いますね。レントゲン撮ってみましょう。」
で、レントゲン。
去年別の病院で撮った時もなんともなかったけど、ほんとに今回のは別物で、今年になってから骨にもなにかあったのなら撮るべきか・・とも思ったので、撮って貰うことに。
そのあとまた診察を待つ・・。
で、
「うーん・・・なにもないね。」
今の症状を説明して、以前のときと比べてどうかとか、こっちに曲げると結構痛いのよーとか、そういうこと言ったけど、
「これ、ほっとけば治ると思います」と。
まじですかーーーーー。
そりゃね、ほっといて治るくらいならそれがいちばんいいけれど、絶対に、わたし医学の知識全くないけど、それでも絶対に、ほっといて治るって言うもんじゃないと思うんだよなーこれは。
なので、「寝れないほどではないけど、ちょっとしたはずみで激痛なんですが」
「手、テーブルにつくだけで、ひーーー!!!って感じなんですが」
とアピールするも、先生が指で押してもあまり痛くないってのをみるとなんともないと。
もはや、これはほんとうに気のせいで、わたしの感覚がおかしいのか???とさえ思ってきたわたし。
まるで、靴が神隠しにあったときに、「あれ?わたしもしかして靴履いてくるの忘れた???」と自分をあり得ない感じに疑った時を思い出す・・・。
靴神隠し事件に関しては2011年3月のブログ参照ね。

で、まぁ、これ以上「ほっといても治らないレベルだと思いますけど????」とはアピれなくなってきたので、退散しましたが。
結局、1ヶ月くらいこのまま様子見てくださいってことに。
この小心者はすでに1ヶ月以上様子見てやっと来たんですが・・・
なもんで、塗り薬だけ貰いました。
「痛くなくなったら塗らなくていいですからね」と言われたけど、これ塗って治るくらいなら、ほんとにほっといても治るレベルでしょうね・・と心では思ったり。


そんなわけで、とりあえず、コンベンションが終わって一息ついた頃がその1ヶ月にあたるわけで・・・
そうしたら、もう一度、手の専門医N先生の予約が取れないか、受付にかけあってみようかなと思います。
普通は、再診は同じ先生の予約をとるらしいのだけど、初診じゃないならN先生の予約もとれたりしないものかなぁと。

「もう注射はできないからオペしましょう」と言われることにめちゃくちゃビビっていたけど、注射どころかほおっておきましょうと言われるとは。完全に腰砕けです。
診察料にレントゲン、薬、おまけに暇つぶしに売店で雑誌まで買ってしまって、なんだか余計な出費。
そして、もったいない時間・・・。
なにしに行ったんだかね。

・・とか言いつつも、さらにがっくし・・で、ほんとうにほおっておいたら治ったなんてことになれば、それはそれでいいのだけど。
ないだろうなぁー。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-06-22 11:25 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

言ってしまえ!

台風4号、温帯低気圧に変わったようですね。
でもまだ大雨注意だとか。気をつけましょ♪

そんな中、今日はこのあと午後から母の付添整形外科からの~久しぶりにコストコ行く予定。
しかーし、ついでにわたしも整形外科にかかるか否か・・・・
いまだに、
まだそんなに痛くないかもなぁー・・・
前のときより不便さ感じないしなぁー・・・
ベア縫うのにはまったくもって痛みないしなぁー・・・
などと思って逃げようとしてるわたし。
何しろわたし、逃げ癖あるんだよね。

ほんとは使い方の具合で痛くないだけで、場合によっては結構痛いし、前回の痛みに慣れてしまってるだけってこともじゅうぶん考えられるのです。なので、、、

行きます!整形外科!!

・・とか言ってみる。
前回の手の専門医N先生じゃないけど。
母がお世話になってる先生の可能性大で、しかもその先生の専門は不明、おまけに注射で済んでもなぜか通院させられるうえ薬まで飲まされるっていうめんどっちい・・いや、慎重派?

どうか、さくっと注射してみましょーってことになって、うまいこと患部がわかって刺さって、注射の薬も効いて・・・
ならいいんだけどな。

とりあえず、行きます。
手術?受けてやろーじゃないの!  ・・・・とかは言えない小心者。
だけど、はがいじめにして切られるってことはないだろうしね(笑)
とりあえず行ってみます。
と、言ってみました!
宣言したら引っ込みつかないよ!逃げ癖禁止。がんばります。←おおげさ
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-06-21 11:48 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

こわいーーー

昨日作ったスマホ入れるベア、意外にも両親に好評だったわ。
なので、とりあえずコンベンションに持ってくこと決定。
1つじゃなんなので、今日はもう1つ追加中。
いろいろパーツ不足なんだけどね(笑)

コンベンション、いろんな面から楽しみになってきました。
やっぱり年1回のお祭りだもの、楽しまなくてはいけません。
けれど不安も・・・


場所が違うためどうしたら痛むのかが違い不便を感じる機会が少ないものの、手の痛み、すこーしずつ悪化してる気がするのね。
以前診て頂いてとっても良かった先生にご指名で診て貰いたいなぁーと思ったら、最近は手術がたくさん入ってて初診(久しぶりの人は初診扱いになって予約はとれないらしい)は難しいんだって。
なので、別の先生か・・・
最近、わたしの真似をしてその整形外科に通っている母が明日は予約をとっていて、わたしは付き添う予定。
なので、わたしも診てもらおうかと思うけど・・・・コワイ。。。。
超小心者なのですみません。


そんなわけで、妙に急いでベアを作るわたし。
とりあえず、コンテスト用とご注文用はほぼフィニッシュ!
このあともがんばろ。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-06-20 13:24 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

認めたくはないけれど

来週は恵比寿のフェスティバル!
頑張って最後のひと踏ん張りするぞ!!!!

・・・ってときですが、実は少し前から手が痛い。
右手の親指の付け根あたりなんだけど、なんかあやしい。
腱鞘炎かどうかのチェックポーズ、親指を中に入れてグーをしてそのまま小指側に倒すあれをやって見ても痛いわけではないのだけど、、、
親指だけぐるぐる動かすと痛い。
ボールペンでモノを書くと少し痛い。
髪を結ぶゴムを親指と人差し指で広げて伸ばしたりするときつくなったときに痛い。
とそんな感じ。
どこが痛むのか押してみたら、どうやら以前痛かった場所とは違うみたいで、もっと親指に近い場所です。
手首と違って、そんなに不便じゃないし、まだ普通にしてられるので、とにかくこのまま終わってくれーってちょっと大きな地震が来た時みたいな気分。

3軒目の病院を紹介してくれたご近所の腱鞘炎の先輩(笑)Hさんに先日犬のお散歩で会ったら、
「なっちゃん!その後どう?わたしなんだかまたなっちゃったみたいなの!」と。
Hさんは昨年春に左手は手術したのだけど右手は注射で治っていたのね。
その同じところがまた痛みだしたんだとか。
1年持たず再発か・・・・

わたしはと言えば、まったく同じではないところがまだ望みがあるのか、はたまた結局同じことなのか。
母の知っているピアノの先生は、何か月かするとまた痛みだすと言っていたらしいし、そういえば3軒目の先生も「ウチの注射は薬が違うからね、すぐ効くし長いよ」と言っていたっけ。
長く効く。
注射はやはり一時的なものにすぎないのでしょうか・・・・
ま、違う場所なんだけどさ。
もし数カ月が限界のものだったとすれば、ぎりぎりまで粘ってから病院行くほうがいいのか???
とりあえずは、まだ日常生活になにも問題なしなので様子を見ることにしつつ、ブログに腱鞘炎のカテゴリー作っちゃいました(笑)
早くも永遠のテーマと認めたか?自分。
ちょこちょこと書いていた去年の腱鞘炎ネタ、移行できそうだったら移行しようと思います。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-03-08 19:17 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

腱鞘炎が9割がた治りました

3軒目の病院に行ってから1週間が過ぎ、いい感じになってきました。
なので、たまにいる同じ悩みの検索で来てくれた方のために、わたしの腱鞘炎半年のはなしをまとめておこうかと・・・・
長い文章ですし、すでに日々のブログ中読んでくれていた方は、ぜひスルーしてください。

-----------------------------------------------------------------


わたしが腱鞘炎らしき痛みを感じたのは今年のゴールデンウィーク頃。
急に右手首の親指の根元あたりに強い痛みが出ました。
3月にテディベアフェスティバルが終り、ベア意外でひとつ入っていたぬいぐるみ製作もとりあえずUPし、もの作り作業はあまりこんつめてなかった時期。
だからというわけではないけれど、震災後に始めた断捨離を再び力を入れ始めようとしていた時でした。

<原因>

前日にやっていたのは、レトルト食品、瓶詰め、缶詰、などの食品のストックの整理。
賞味期限切れになっているものも多く、中身をあけて分別ごみにする。その繰り返しを半日やりました。
その前日は、クローゼットの中にあった学生時代のものの整理。
わたしは建築学科に行っていたので、その課題として製図した図面、トレーシングペーパーのものから印刷した提出用のしっかりしたきれいな紙のものまでいろんな種類の紙で、A1やA2サイズのものがカレンダーのように丸まってダンボールひとつ分。
これがかなり厄介で、一応A5くらいのサイズまで破いてから分別。
これにも半日以上かかりました。
きっかけはそのどちらかの作業じゃないかと思います。
けれど、わたしの場合、断捨離をライフワークにしようと思い1年かかって来ていたし、そもそも一般の人よりも多く、ハサミを使う機会があります。
ハサミは結構な負担があるみたいですね。
なので、実際に何が原因なのかはわかりません。

<1軒目の病院>

数日しても痛みが取れないので、まずは地元のY整形外科に行きました。
ここは、中学校の近くで、校内で怪我をしたら連れて行かれるようなところ。
そのほか、おじいちゃんおばあちゃんのたくさん来る病院というイメージ。
すぐに腱鞘炎と言う診断でした。
わたしは子どものころ薬のアレルギーでじんましんと発熱があってから、市販の薬はほぼ飲まず、毎回病院でもそのことを伝えるようにしていました。
皮膚も弱く貼りつける湿布剤や熱をとるためのおでこに貼るようなシートなどは、長時間貼っているとその部分が真っ赤にはれあがったりもします。
それらのことをさらっと伝えたら、飲み薬も貼り薬も危険だから出せないと言われました。
とにかく腱鞘炎は固定して動かさないようにすればいいとのこと。
病院ではその日はネイルサロンでやるようなパラフィンパックのようなものをやりました。
ろうの溶けた液体の中に患部の手を沈めて固めていくと、じんわりとあたたかいろうが温泉効果のようなもので体の芯まであっためてくれるような感じです。
帰りに親指にかけて手首で巻くようなサポーターを買ってつけ方を教わって終了。

その後、5月半ばはサポーターをつけて過ごしました。
けれどその時はまだ、腱鞘炎そのものをなめていたのかもしれません。
たぶん多くの方もそうかと思いますが、腱鞘炎を筋肉痛や重いものを持った後の腕の筋の疲れみたいなものと同じかそのひどいものくらいに思っていませんでしょうか?
わたしはそう感じていました。
だから、しばらく我慢したら治るものかと。
でも日に日に痛みは増すし、いろんなことにいちいち痛かった。
例えば・・・
うどん程度の重さで箸が持てない。もちろん焼き魚は拒否。
パンツのあげおろしが痛いのでトイレに行くのも億劫になる。
髪の毛を結べない。(ゴムを指先で広げることができない)
寝ているとき無意識に毛布の縁を持って引っ張り上げることで激痛で目が覚める。
ベッドのふちから腕が出ると自分の手先の重さで激痛が走って目が覚める。
長袖に手を通すとき細い筒に触れると痛い。
洗濯ものを畳んでもたんすなどに並べてしまえない。
などなどきりがありませんでした。
予想以上に、手首って動かしていたんですね。

<2軒目の病院>

5月23日。
前に行ったY整形外科はちょっと行きにくい場所だったので、今度は駅前のA整形外科に行きました。
どうやらこの辺の人の多くはそこに行っているようだったので。
その日は、大学病院から臨時できている先生だったようなのですが、この際どんな先生でもかまいません。
早くこの痛みをどうにかしてくれと思いました。
まず、レントゲンを撮りました。
他院で腱鞘炎って言われてるけどなぁと思いつつも、まあ万が一ほかの原因だったりしたら困るし、病院の指示に従い撮ったのですが、そこで初めて「オペすれば一発だけどね」と言われて、そもそも小心者のわたしはビビりまくりです。
けれどまあ、先生の診断では骨に異常なしで腱鞘炎、とりあえず注射しようと。
注射も怖がっていたので、有無を言わさずの注射はまあ良かったのかも。
そのへんのことについては、当時の日々のブログを見て頂きたいと思います。
注射をしたとたんに、すーっと軽くなりました。
けれど根本の痛みはあまり変わりません。
なにもしなければそんなに痛まないようになったという程度。
この病院ではほかに、低周波治療と超音波治療をしました。
療法士の先生の話だと、長い人は3カ月とか半年とかかかるけれど、早ければ1ヶ月もしないで治る人もいて、やはりそれはこまめに治療に通う人のほうが治りやすいとのこと。
とにかく7月のコンベンション&ドールフェスまでになおしたい、というか、その準備のためにも1ヶ月くらいで治したいと思っていたので、これはもう本当にまじめに治療しました。
病院には月水金と言う感じに、1週間に3回位通いました。
顔なじみの人が増え、いつの間にか来なくなった人がいたり、受付の人たちや療法士の先生方にも顔と名前を覚えられ、下の名前で呼ばれるようになったほどです。

5月23日に注射をしてからの1ヶ月は、きっぱりとベア作りをやめることにしました。
断捨離もできず、別の仕事も入れられず、元気ではあるけれど家の中で読書するだけの毎日。
普段あまり退屈を感じないわたしも、退屈でしかたありませんでした。
6月半ばになって、コンベンションやドールフェスのことでわたしも焦りが出ました。
すでに申し込んであったコンテストは諦めようかとさえ思いました。
けれど、6月半ばには眠れないほどの痛みは無くなっていたので、作りかけのコンテスト作品を毎日少しずつやって、できたところを完成ということにしようと思いました。
この頃は精神的にかなりまいってたかも?

7月のコンベンションとドールフェスが終わったら、本気で治すことを考えようと決めていました。
友だちが教えてくれた都内の専門病院に最後の望みを託そうと思ったり、インターネットでもいろいろ調べてみました。
同じような悩みの方がたくさんいて、ちょっとほっとしたり、逆に10年以上も悩んでいる人や手術をしても治らない人もいて心配になったり。
けれど、怒涛の忙しい時期が過ぎて、さて・・と思った時、びっくりするくらいに、1段階急によくなったのです。
このときはもう、着替えはあまり不自由ではなかったし、マグカップもたっぷり入れて持っても平気。
できないこと、不自由なことと言えば例えば・・・
メイクのときにまゆ毛や会いラインを引くのが痛い。
ペンで文字を書くのが痛い。
洗濯もののTシャツのそでや靴下を裏返すのが痛い。
野菜や果物の皮向きが痛い。気をつけないと痛みで包丁を落とす。
などです。
ベア作りに関しては、型紙を布に写す作業は休み休みで、生地をカットするのも休み休み。
一気にやらなければどうにか大丈夫だというくらいでした。

途中、療法士さんも通院が長いねぇと心配してくれて、治療の機械をもうちょっとハードなものに変えたりしました。
けれど、そのびっくりするほどの1段階UPのあとはほとんど変わらず、機械変更のあとも変わらず・・・。
良くも悪くも変わらない状態になりました。
そのうちなんとなくめんどくさくなってきました。
もしこの通院をストップし、作業も同じ程度にしていたら悪化するのだろうか・・・・
そんな風に思い始め、突然通院をやめました。
お世話になっていた病院の方々は、あの人来ないなぁって思っちゃったかもしれません。ごめんなさい。。。
けれど、1ヶ月経っても悪化することはありませんでした。
もちろんよくもなりません。
けれど、10月の初めに京都のテディベアフェスティバルがあり、そのためには新作を多く作ったり、それなりに作業時間も増えていたので、これで変化なしということは、あの低周波と超音波の治療は、ここまでが限界なのかもしれないと思うようになりました。

<3軒目の病院>

京都のイベントが終わるとしばらく時間があります。
このうちに治すべきだということは、今までのスケジュールのことを思うと、さすがのわたしももう学んでいます。
家族や友だちからも言われました。
そこで、本気で友だちが以前教えてくれた都内の専門病院に行くつもりで、その病院について調べました。
すでに一度注射もしていて、半年近く治療もしていたので、次に始めるときはもう手術を覚悟しなくてはいけないだろうと思っていたので、主に手術についてのリサーチです。
そうしたら、その専門病院はものすごいびっくりなお値段のようで・・・・
わたしが調べた手術の相場の10倍以上の値段でした。
もちろんそのお金を払えないほどではないですが、そもそも、わたしはお金持ちではないし、そこはシビアな問題。
わたしはある程度の健康はお金で買えると思っています。
どんなにお金がなくても、頑張って払って難しい病気も治るなら・・と思います。
でも自分の健康とそれに払うお金に関してはやはり天秤にかけますね。
こんなに払うならこのままでもいいかなと思ってしまいました。

10月25日。
そして、少し前に同じく腱鞘炎で悩み、手術も経験したご近所のHさんにそんな話をしたところ、まずは自分の行った病院に行ってみてはどうかと言われました。
もしかしたら手術って言われるかもしれないけれど、そうでなくても治るかもしれないし。と。
そこで紹介されて行ったのが、車で15分?20分?位のところにあるM整形外科。
ここは、今までの病院と違って、患者さんも若い人からご年配までいろいろ。
先生も多く、ちょっと大きめの病院です。
基本的には予約制らしいので、初診はそこそこ待ちます。
そのへんのリサーチはご近所Hさんから教わっていたので難なく。
けれど気持ちの問題が・・・・
とにかく手術になりたくないのです。怖いし、痛そうだし。傷も治りにくいのであとのことも心配だし。

けれどまあ、とりあえずの注射で済みました。
このあたりの細かい内容は、先週の10月25日のブログをご参照ください。

先生の話だと、注射して2分ですっかり治る人もいれば1週間後にようやく効いてきた気がする人もいるとのことで、わたしは2分どころか、その日は注射をする前よりも痛くなってしまいました。
ちょっとした振動でも痛かったので、注射しないほうがよかったのか???とも思ってしまうほど。
しかし、3日目くらいからだんだんとその痛みはなくなり、軽くなってきた気がし始めました。
5日くらいすると、大きなパーをしても痛みがなくなりました。
ちょうど出かける予定が多く、ベアの作業をやる日が続くことがなかったので、気がつきませんでしたが、型紙を2体分写しとりカットしても大丈夫になりました。
伸びをしても激痛は走らず、ちょっと引っかかるような感じがあるのみ。
毎朝起きたばかりは固くなっているのかちょっとしたことでも痛かったのですが、その感じも和らいでます。

<10日目>

3軒目の病院で注射して今日で10日目。
今日は少々冷えるので、ときどき手首の向きによっては痛みますが、それでもかなり復活しているのがわかります。
ペンで字を書くことも、メイクも大丈夫。
うっかり忘れてほおづえをついたりすることもあります。
まあ、その時良くても長い時間つくと、あとからじんわり来るのですが・・・
これはもう9割がた治ってきてるのでは???と感じています。
腱鞘炎の目安とも言える、親指を中に折ってのグーを小指側に傾ける動きも、水平より少し下まで行けるか???位になってます。
これは確実に日々進歩。
正直、このままストップでも、あとは一生お付き合いしていけそうな程度の症状です。
注射が効く期間があって、またしばらくすると戻ると言うのでなければ、大丈夫かなと言う感じです。

これは完治とは言えないし、この後まだわかりませんが、もしここで終了だった場合のわたしの感想というか、同じ状況の方へ言えることとしては、めげずにいろいろ病院変えてみるといいのかも?ということ。
注射はその個所にうまく刺さるかも重要って話だったし、薬の種類も病院ごとに結構違うようなので、ここで治らなくてもほかで治るってことはあるのかなと思います。
初めのころネットで調べた時に、腱鞘炎はいろいろと熱心にやりすぎたおバカな人がなるものと言っていた人がいました。
とすれば私はこの後も再発の可能性はあります。
再発しないように頑張らなくては!

ということで、わたしもほかの人の治療の話を参考にさせて頂いて勉強にもなったので、今回はわたしの治療のできれば全貌になってほしいかな・・の途中経過をまとめて書きました。
誰かの参考になればいいなと思います。
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-11-03 12:40 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

腱鞘炎 3軒目の病院

今日は早起きして、先日ご近所さんに教えて貰った病院に。
昨日の晩から、めちゃくちゃ緊張して友だちにも怖いよぉおーーーーーってメールしまくってた。
ご近所Hさんは、別の病院で何度か注射をしてた左手はその病院で手術し、あとから同様の症状になった右手はその病院の注射だけで治ったらしいのだが、わたしの場合はほかの病院で注射1回というその間のバージョン。
手術は嫌だなぁと、怖いなぁと。
しかもね、腱鞘炎甘く見てたら二の腕あたりから手を切り落とすことになった人の話とかご近所Hさんからもきいてて、余計に怖かった。
最近の口癖は「あーわたし明日死ぬかも。」「死んだら火葬だけはしてね。」「お墓ないから金魚の墓みたいに庭にガリガリくんの棒さしてね。奮発して当たりの棒使ってね」だったりして。
いや、ほんとに生死を考える病気の人やその周りの人ごめんなさい。
けれどそのくらいビビりなのわたし。

めちゃくちゃ暇になってた今週以降、嬉しいことにちらほらと予定が埋まって来てて、楽しい予定があるのに手術とかなったら全部だめだし。
というのは2番目で、1番目はとにかく怖いのひとこと。

初診は待つので覚悟してと言われていたので9時前に到着。
いろいろ申し込みを書いて待つこと1時間くらいかな?
思っていたよりは早く順番が来て・・・・

ほかの病院にかかっていたこと。
レントゲンで骨に異常ないと言われてたこと。
注射は1度したこと。
超音波と低周波やってて結構よくはなったものの止まってしまったこと。
などなどお話しした。
わりとゆっくり聞いてくれる先生で、まったく怖そうな様相でもないのに緊張はとけない。
「今はね、あんまり手術とかしないで治るんですよ」
「注射の薬もね、最近は長く効いてくれるのあってね」
「打つ場所で一発ってこともあるんだけどね・・・・こういう手はわかりにくい・・・」
こういう手・・・
そうなの。
わたしのみたいなしっかりお肉の乗ってる手は、患部が見た目でわかりにくいから、注射をピンポイントで狙いにくいらしい。
ごめんね先生、がんばって・・・
で、消毒して看護師さんの注射器準備待ち。
そしたら緊張してますっていう顔、まさにしてたんでしょう。
「緊張してるね」って別の看護師さんに言われました。
でもま、前回の病院で一度注射は経験していたので、正直あまりビビってはいませんでした。
それよりも、先生の別の判断が出たらってとこにビビりまくり。

小心者の私は、今まで一度も自分の体に針が刺さるとこ見たことがありません。
血液検査も予防注射も、その個所は見ないで過ごしてきました。
なので、今回も。
たぶんだけど、3か所くらいさしてた気がします。
各々、入った後のググってくる感じもあったので、ポイントずれてさし直したというよりは、ずらして3か所に注射したのかなって感じ。
もちろんあっという間に終了して絆創膏はっておわり。
「たぶんこれで治るよ。うまく入ったと思う」と先生。
「2分くらいしたらすぐ効くってこともあるね」
と、カルテに入力しながら少し待って、
「どう?動かして。」
正直、あまりわからなかったです。
前の注射の時は、猛烈に痛かった時の注射だったので、ほんとに刺しおわった瞬間効いた気分だったんだけどね。
「今日明日ですぐに痛みがなくなる人もいれば、1週間してあれ?って痛みがない人もいるから」
「じゃあ、1週間くらいはすぐに効果わからなくてもこれで治るってことも期待できるっていうことですかね」
「そうだね。痛いっていうのって個人差あるからさ。わたしたちがもう治ってるんじゃない?ってのでも痛いって言う人もいるくらいだし」と先生。
そりゃそうだな。
「今日は水につけちゃだめね。ばい菌入って赤くなってものすごく痛くなるってことあるから。そうしたらわたしじゃなくてもほかの医師でも見るからすぐ来て。」
「とくに問題なかったら?」
「来なくていいよ。」
「通院とかしなくて?」
「しばらくしても痛み変わらなかったら、またその時考えよう。だから予約取らなくていいよ」
というわけで、とりあえず注射で終了。

しかし・・・・
今結構痛いです(笑)
何しろ、普通にしてたらそんなに不便に感じなくなるくらいに痛みが減っていたので、(もちろん手首は曲がらないし文字を書いたり細かな動きは結構痛かったけど)、今朝より痛い・・・(笑)
ちょっとした振動でもどくどくくるんだよねー。
・・とか言いつつパソコンをたたく。
ちなみに携帯は今は痛くて難しいです。
お昼ごはん食べた時も箸が痛かった。
これは、注射の薬が効いているから、もしくは刺した皮膚が痛んでいるのか・・・だったらいいんだけど。
とりあえず、1週間して効いてくる人もいるよ・・・のその人だということを願います。

決して水につけてはならず=お風呂に入れず、手洗いも手首は洗えない
のと、痛みがあることをいいことに、今日明日はだらだら過ごします。
土曜からは楽しい予定を満喫するぞ!


手術にビビってた会計後のわたしに、今日病院への送り迎えをしてくれた父が言った一言。
「とりあえず1週間生き延びたね」
そっか、そうなんだよなぁー。

<追記>
この記事、アクセス数が多いので追記します。
この数日後、びっくりするくらいに痛みが無くなり、曲げてもまったく痛くなく、ボウリングでもできそうな感じに(実際はやってませんが)復活しました。
この病院と先生には取っても感謝しています。もっと早くここに行けばよかったとさえ思いました。

しかし・・・まったく問題なく過ごして5ヶ月くらいして、ちょっとだけ違和感。
がしかしそれはこの時のような腱鞘炎チェックのポーズで痛みが来るタイプではなく、ぶり返したのか別のものなのか不明。
そのあたりはまた、この腱鞘炎のカテゴリで書いていますのでよろしくどうぞ。
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-10-25 17:53 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

包帯?!

今朝も病院。
せっかく買ったシューズは使わないといけません!ってことで、ちゃんと遠回りして行きましたよ。
お天気いいので気持ちいいね。

で、今日の先生、
「「もう結構経ちますよね・・・。」から始まり、
テーピングし終わって、ありがとうございました的な場面で
「包帯します??」って。
包帯したほうが、固定されるらしくいいんだって。
でもなぜ今??
やっとこ、普通にしてれば痛くないしうまいことこの痛みとのうまいお付き合いを熟知してきたかと思っているところなのに。
しかも、コンベンションは来週だよっっ。
包帯をすると、固定されるものの、もうぐるぐるまきなので、まったく右手を使えないそうな。
今の今そりゃないぜ。
そんなんだったら、まじめにほぼ使わずに我慢していた時期にやってくれりゃよかったじゃんか・・・。
なのでお断りしました。
今日はやたらに長めにテープされてます。

ついでに、
「一か月以上経ってまだこんな感じってのは長いんでしょうか?」って聞いたのね。
「右手ですしね、どうしても長くはなりますね」とのこと。
まあね、この2カ月、ネットだとか周りの人の話で、いろんなパターンがあることはわかっていましたけど。
わたしの調べによると、出産を機にホルモンバランスの崩れでなったという人は、わりと治ってることが多いですね。
けど、中には手術したけど治らないとか、10年以上痛いとかいう人も。
となると一カ月は微妙なラインで判断しにくいってことかな。
確実に言えるのは、あっという間に治るパターンではなかったってことだね。うん。


さて、今日は一応未発表の小さいものを追加製作しましょう。
私個人的には結構かわいいと思うけど、果たしてこんなものを欲しいと思う人はいるのか。
いや、そのまえに目にとめてくれる人さえもどうかなって感じもするが・・・・
小さいものなので、いくつかあったほうがかわいいと思うのねん。
頑張ってみます☆
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-06-27 11:41 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

案の定?

今日は連日の好調モードから舞い戻ってしまったのか、ちょっと痛む。
好調モードのときは、このままいい感じに治っちゃうんじゃないのかいぃ~?くらいにごきげんなんだけど、痛みが出てくると一気に落ち込む。
嗚呼もうわたし手術しかないわー・・・みたいな。
浮き沈み激しすぎっ。

で、昨日はその心配もあったから針も持たずに過ごして、宣言通りパックまでしたけど、今日復活しないし・・。
今日ものんびり手を使わずに過ごして復活を願いたいところです。

雨という予報だったのにいいお天気になってきちゃって、いまさらセール行きたかったかも~とか思っちゃう。
わたしは結構常に家に居ても何かして過ごしていて、暇を持て余すってことがなかったのだけど、手を使わないで楽しく過ごすのって難しいですね。
ついついお出かけしたくなる。

本読んで、録画したテレビでも見るかなぁー。
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-06-17 16:23 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)

好調好調☆

昨日の夜から手の調子がかなりいい!
といっても、痛みはもちろんあるんだけどね。
今日病院でテーピングしてくれた先生(かわいい女子)に「調子どうですか?」って言われたので、「いい感じです♪」って言ってしまった。思わずローラ・・にはならなかったけど。

で、調子に乗って少し縫物したよ。
相変わらずハサミは無理なので、糸切る程度だけど。

さらにちょっと掃除した。
これまで痛くてできなかったゴム手袋が今日ははめられたので。
明日ついにガス工事が入るので一応少しだけ流しまわりお掃除。
戦力外すぎてごめんよ父!

あまり調子に乗るとまた痛くなりそうなのでこのへんで。
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-06-13 18:43 | 腱鞘炎のはなし | Comments(2)

本気で困る・・

腱鞘炎、その後回復してきているのか微妙なところ。
でも悪化はしてないよなって思っていたらなんと!金曜の夜から痛み復活。
少しは楽になっていた着替えとかお箸も辛くなってきて、昨日土曜には何もしなくてもぼんやり痛い。
せっかく友人マキコから遊びのお誘いがあったけど、準備にかかる時間&いろんなことが不自由、そして常に痛い・・ときて、しぶしぶお断りしたよ。

昨夜はちょっとした方向転換でも痛いのでなかなか眠れず、これはもしや注射前に戻ったか?!て感じ。
あわてて、今回の病院で貰っているものではないけれど、かかりつけのお医者さんで頂いた痛み止めを飲んでどうにか寝ました。

で、急遽、予定してなかったけど今日、おすかの病院終了後に自分も病院へ。
まあ、行ったところで電気と超音波の治療だけなので、効いているのか実際はわからないのだけどね。
でも、プロのテーピングによって、少しだけは楽です。
痛みは引き続きあるので、一生懸命左手のみのタイピング。

ほんとに腱鞘炎、ばかにできないです。
筋肉痛とかと同じように考えていたわたし。
これは全く違うもの。
だってね、考えたくないけど、このままだったらベアは作れなくなるし、かといってほかの仕事だってどういうのができるんだろう。
今までやってきた仕事を想像しても、すべて難しいと思うんだよね。
けれど、重病ってわけでもないじゃない?
人様から見たら、きっとこれまでの私同様、筋肉痛くらいに思われると思うし。

皆さんもほんとにお気を付けくださいね。
腱鞘炎は、度を越して何かに熱中しすぎな私のようなおバカ者がなるようです。
そして、もしまわりに腱鞘炎になっている人がいたら、せめて筋肉痛のようなもんでしょって思わないでくださいませ。
見た目が何ともない癖に、なかなかの厄介者なんですのよこの腱鞘炎ちゃんは・・・。

今週水曜で注射から2週間。
次に注射するとしたらこれ以降になります。
注射して、まじめに通院治療しててもぶり返すなら、痛みがないうちにせめてコンベンションの準備したかったなぁ。


左のみのタイピング、マジ疲れる・・・。
左も腱鞘炎になったら困るのでこの辺で。

あー・・・また読書かぁ。
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-06-03 16:47 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)