ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:大好きテレビのはなし( 14 )

うたの夏まつり

FNSうたの夏まつり。
フジテレビのこの手の歌番組は、かなりいいと思う。
FNS歌謡祭とか。僕らの音楽とか。
本気度高い気がするので好き。


わたし世代が楽しめる、ちょっと懐かしい曲を、ベテランと若者が一緒にやったり。
アレンジが原曲と違ったりするのも楽しい。

多少あれ?って歌いっぷりだとしても、ちゃんと歌ってるとこもいい。つまり、歌わないアイドルは出てない。

どこか高級感ある感じも。


今日のは、お客さんが入ってて、またちょっと違ってるのかなぁとか思ったけど、うーーーん...

お客さんは入れないほうがいいような。
ま、個人的にはね。
若い子が多いから、選曲についていけてないような。
いい歌選んでるのに。
あきらかに、今の人がオリジナル歌ってるときの方が盛り上がってて残念。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-07-31 19:47 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

スカイツリーに引っ越し

あれ?前の投稿2個続いてる・・・なんで?
とにかくスマホからの投稿はめんどくさいってことがわかったので、今後はきっとパソコンからか通常のメールでの投稿にすることにしよう。
ってことで。


さて、スカイツリーに引っ越しました。
あ、関東のテレビの電波のはなしね。東京タワーからだったのがスカイツリーにかわったのです。31日から。
で、遠方の方はご存知ないと思うので軽くお話しすると、ここ1ヶ月くらいかな?一日に何度かときどき電波を切り替えてお試し放送したりしてたんです。
その間に不具合がわかれば対処しやすいっつー・・・

そしたら我が家、1つだけ、メインのテレビだけが、たまに見れないことに。
一日に何回かあっても最初のころは1分とか2分とかそんなもんだったから、そのチャンス逃すことも多く、場合によっては見れたり、チャンネルによっては見れたり。
父も、アンテナ変えたほうがいいのかなぁなんて言い出してたんだけど、よくよく考えたら、ほかのテレビは見れてるのです。
これはおそらくケーブルテレビに関係するのでは?ってことで、先日やっと重い腰を上げ(リアルにってことじゃないですよ。そうとも言えるんだけど。)、電話してみたんです。
で、その日のうちにお兄さん来てくれて、見れるように!
きゃっほー。よかったよかった・・・

・・というのもつかの間。
数日たって昨日。31日。
完全に移行して、午前中つけてみたら、見れない!!!なぜ????
諦めてしばらくしてお昼過ぎにもう一度つけたら、今度は見れる!!!!なぜ????
昨日は19時ごろ帰宅したので、その頃またつけてみると、見れた。
なんだよ、一時的なものだったの??
と思って、夜。
日テレでやってた映画の「パラダイスキス」見ようかなと思ったら、途中で急に見れなくなった。

幸い、ほかのテレビがあるので、それで見てたんだけど、うっかり予約してた番組が録画できてないっつー事態に。
そうわたし、連ドラとか、家にいて見れるものでも全部録画してるのです、念のため。
もちろん、その時間に出かけるから録画とか、同じ時間にほかの番組見るから録画とか、そういう風に、日常的にも録画してるから、それもできないってことで・・・・
これはテレビっ子にとっては、かなりの危機です。

で、今朝も9時きっかりに電話。
今日中にお兄さんに来てもらうことにしました。

けどこれって、ケーブルテレビのせいでもないってはなし?
ただ、ほかのテレビは見れてるなら、ケーブルテレビのせいじゃないとも言い切れず。
でもわたし、普通にテレビ見れないならケーブルなんて解約よっっ!って言ってやるぅー。
・・・ってたぶんそうはいえないな(笑)

さぁ、どうなることやら。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-06-01 10:53 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

アナログ→デジタル

そういえば、先日の日曜日、アナログ放送が終了しましたね。
歴史的瞬間だ!と、しっかり同時に見れるようにデジタルとアナログを2台同じ局にあわせて隣の部屋から斜めに見ると言うやり方で、立ち会いました。
ほんとうに正午きっかりに青い画面に変わり、お問い合わせ先などが表示されました。
意外とあっけなく・・・。
デジタルのほうでは、一応なんとなくカウントダウンみたいなものをやっていたので、正午過ぎもちょっとしたイベントっぽさが残っていたけれど、ほんとのほんとにアナログだけ見てたらなんかさみしいですね。
正午から続くその画像は、夜中の12時には砂嵐になり、アナログ放送は終了していきました。

そして翌朝。
習慣って怖いですね。
うっかりアナログテレビのスイッチを入れてしまい、砂嵐のざーっていう音で気が付きました。
そっか、終わってるんだよね。
まるで、おばあちゃんの食器用意して「あ、おばあちゃんもう死んじゃったんだったよね」ってなる、あのお葬式のあとしばらくの感じです。

我が家は、私はもちろんスーパーテレビっ子だけれど、家族もわりとテレビ好きなので、食卓でテレビが見られないのが結構苦しい状態です。
もともと、家族そろって夕飯をいただきまーすっ!っていう家ではないので、余計に食卓についている時間が少なくなりそう。
完全にお行儀の悪い、通りすがり食べが蔓延し出しています。やばいねこれ。

それから知ってました?
今久しぶりに新聞のテレビ欄を見たら、いつの間にかフジテレビがいちばん右はしじゃないですか?!
首都圏だと、フジは8チャンネルで、今までは真中にあったんですね。
テレビ朝日が10、テレビ東京が12だったのが、デジタルになって、テレビ朝日が5、テレビ東京が7になったことから、左から小さい順に並んだみたいだけど・・・。
なんか見慣れないのでしっくりきません。
私はほとんどテレビ画面に出る番組表を基に見ているのだけど、今のところ以前の順番。
今後その並びも変わってくるのでしょうか?

しっかし・・・
早く食卓のテレビ欲しいなぁ・・・・
[PR]
by natsue-t_bear | 2011-07-26 12:23 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

最終回週間

次々と連ドラが最終回になってますね。
となるともうそろそろ毎晩何を観て過ごすかが悩む時期だったり。
次のドラマが始まるまでの特番の時期が嫌いです。

やはり最後まで楽しめた今回のドラマと言ったら『JIN -仁ー』でしょう。
あの手の不思議な話は、単に不思議だからね・・で済ませようとする、無理やり感がある終わり方になったりしがちですが、まあうまくまとめてるんじゃないでしょうか。
原作の漫画があるのよね?確か。
だとしたら、最初からそういう感じにできてるのかな?
とにかく、しっかり考えて作られた感じがして私は大満足です。
録画してたので、終了後のDVDプレゼントもちゃーんと応募しました。
本当に最後まで、「今日は@@@の日~♪」ってドラマを楽しみにすることが少なくなっているので、このJINは貴重でした。
来週からそれがないと思うと、ちょっぴり寂しくもあります。

あと何作かはまだ最終回を残しているけれど、どうかなぁ・・・・
次のクールのドラマ情報も、ちょこちょこ入ってたりはしますが、どうなのかな?
ある人によると、夏のドラマはイマイチらしいです。
どうしても、4月と10月に力入れるんだって、テレビ局。
けれど私は、気楽に観れたりPOPに作っているかるーい恋愛ドラマとかコメディとかも嫌いじゃないので、夏はそういうのが多いからそっちに期待してみようと思ってます。
どうかな?今回は。



ところで、今朝、ゴミ集積所の大型ボックスの蓋が頭のてっぺんに落ちてきて、☆を見ました。
たんこぶになってるのかなぁ。触った感じにはわからないけど、そもそも頭頂部が高くなってる自分の頭の形がとても嫌で、いつもそこをクリアする髪型にして貰っているほどなので、これ以上頭が変な形にならないことを願います。
ほんとについてないわー。


今日もイケてる話が書けなかったので写真でも。
f0070127_1837127.jpg

先日作ったセーラーカラーのチュニック?シャツ?着てます。
自立できる男の子ベア。約40センチ・・かな?
[PR]
by natsue-t_bear | 2011-06-28 18:37 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

忘れかけてたドラマ考

春のドラマが始まってずいぶん経つのに、ドラマのことを書くのをすっかり忘れていました。
もちろん、見てます。
いわゆる連ドラと言われる夜の連続ドラマはほぼ見てるってくらいに見ています。相変わらず。
全部書くのは大変なので気になるものだけ・・・

まずいちばん楽しみにしているのが、日曜劇場「JIN -仁-」です。
前回のシーズン?も好きだったけど、それもあってか、楽しみにしていたので裏切られなかった!というか、思った以上におもしろいです。
この手のちょっと謎のあるものとかミステリーっぽい要素のあるものは、わりと<次週をワクワクして待つ率>は高くなりやすいですけどね。
大沢たかおもかっこいいし☆綾瀬はるかちゃんもかわいいし☆
歴史に詳しくないのでもしかしたらもうちょっと知識があればもっと楽しいのかも?って思うと、100%味わえていないかもしれない自分がもどかしいです。

シリーズって意味で言うと、「ハンチョウ」はもう定着した感じですね。
キャラ設定がぶれていないのもいいし、コレと言って大騒ぎする要素はないけれど、おもしろいと思います。
今回は少し違った感じで、初回にハンチョウが撃たれちゃってるとこから始まっているので、その謎も気になりますね。
たぶん私の予想では、全体がそのストーリーで仕立てられており、後半になったらその話で進むんじゃないかな?
もうちょっと普通を楽しみつつ、待ちたい感じ。
そんなちょっと変わった試みをしているけれど、奇をてらっていないってのが私はいいと思いました。

・・というのは、同じくシリーズの「BOSS」が・・・
私、このドラマ前回好きだったんです。
でもなんだか、ぶれてる・・・残念です。
連ドラの流れで初回のキャラが性格変わってくるのはアリだと思うんですね。
周りの人物とか出来事に影響されてとかあるでしょうし。
でも、シリーズ化したときの、最終回と初回の間に性格変わったりするのはナシだと思います。
妄想シーンや手が加わったような映像とか、私個人的にはもう余計なことしやがってって感じです。
出てる人、みんな好きなんだけどなぁ・・・
キャストがかなりかぶっている「離婚弁護士」も2になったら感じが変わってて残念でした。
同じチームで撮ってるのかな?
でも、竹野内&玉鉄かっこいいし、ストーリーはおもしろいと思うので見ますけどね。

子役&シュナで、私の心をわしづかみにしていた「マルモのおきて」は、日曜夜にふさわしい。
思った通りの、笑えてちょっとほほえましくて小さな感動・・・みたいな展開は、定番だけど安心して見れます。
シュナ、しゃべるのちょっと微妙だけどまあいいや。
子どもたちも可愛いし、ぜひともあのエンディングの踊りを覚えたいものです。

うっかりというか、今クール、そんなに期待していなかったけど客観的に、昨今なかったいいドラマだと思うのが、「犬を飼うということ」です。
犬好き云々って問題じゃないのね。
私はてっきり犬を飼うことの大変さとか楽しさとか、モラルとか?そういうものを練り込んでるホームドラマって思っていたんだけど、全然違いました。
もちろん、殺処分になりかねなかった犬を子どもが引き取ってきたという一家が、犬を飼うことを通していろいろ考える(=視聴者に考えさせる)ドラマではあるんだけど、犬に起きている問題が、実は見た目が変わった同じような問題として家族にも起きていたり、子どもの悩んでいることが同じような問題で親も悩んでいたり。
けれど、とにかく豪快で明るい庶民の一家なので笑えるシーンも多く、あのちょっと遅い時間にやってるのがもったいない。
こういうドラマはぜひともファミリーで見て貰える時間にやって欲しいんだけどなぁ。
視聴率的にはどうなんでしょう?
私はおススメ聞かれると今回はこれをおしてます。

余談ですが、今回春なのにあんまりウキウキするドラマがありませんね。
月9も個人的にはいまいちキュンキュンしないし。
わりとOL向けドラマが多くなってたのに今回はそうでもない。
そんなOLさんにおススメが、「シマシマ」です。
正直言って、ドラマ好きにはかなり大したことないです。
設定は変わってるしおもしろいけど、ストーリーはゆるいし。
でも女子向け漫画っぽい(たしか原作は漫画だと思う)ので、金曜の深夜、たぶんお肌からいいもんが出ると思うね、こういうドラマは。
主人公の矢田亜希子がいいマンションに住んでてエステ経営もしてて、若いイケメンに囲まれて、毎回出てくるお客さんゲスト出演者も羽振りがいい感じ。
インテリアとかファッションとか、イケメンとか、そういうものを見るだけでもちょっといいはずです。
金曜の夜家に居る人はこういうの見たほうがいいってことなのでしょうか。
いつもいる人はどうなのかな?


と、まあ、特筆するのはこんなとこ。
私の勝手な好みから来る意見なので、おおめに見て欲しい、いつものドラマ考でした。
[PR]
by natsue-t_bear | 2011-05-18 10:00 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

新境地?

昨日、ちょうどいい夜の時間、耳の調子がちょっと良かったので、それ今だ!と寝ようと思ったら(耳がわさわさしてしまうと眠れなくなるのです)それはそれで眠れなくて、なんだか寝るタイミングのがして、そしたらまた耳が悪化してきて・・・
そうこうしているうちに、携帯で見れるBeeTVのドラマ『5年後のラブレター』が普通のテレビ(確かTBS?)でまとめて放送していたので見てしまって・・・
そしたら!
なにこれ、携帯のドラマのくせに(くせにという時点で失礼だけど)レベル高い!
簡単に言うと、中学生の頃から好きだった女の子(内山理名)と結婚し子どもを授かった主人公(向井理)が、余命わずかということを言わずにいてある日逝ってしまうんだけど、その後生まれて来た息子・歩夢(あゆむ)くんが5歳になった時に、手紙が届いて、その手紙をたよりに冒険していくと、亡くなる前にいろいろとサプライズを用意していたのがわかって・・・っていう話。
ちょっと少女漫画っぽかったり、新人発掘のシナリオ賞にありそうな雰囲気だったりもするんだけど、なかなか感動的でいいのです。

このところ年末年始の特番に力を全く感じないテレビ局。
すっごく古いドラマから、ついこの間やってたドラマまで、まだ世の中動いてる時期の昼間も、お正月の昼間の家族だんらんな時間も、深夜も、何だかんだの一挙放送?ちょっとうんざりぎみ。
たいていのドラマはすでに見ちゃってるから新鮮味ないし。
好きだったドラマとかなら、懐かしい思いで見られるけど、それでもね・・・

そんなときにまさに新境地。
携帯のドラマってなかなかすごいかも。
というか、世の中にはいいドラマがたくさんあるので、なにも携帯で見なくてもいいんだけど、ここまできたらそれもアリかなと。
もっとも、それも普通のテレビで見れたから見たのであって、今後携帯で見るってことは私に関してはありませんが。
けれど、こうして携帯のドラマのクオリティが意外に高い?って思ったくらいなので、普通のいい時間の連ドラ作っている人たち、のんびりしてはいられませんよ。
あと数日すれば、新しいドラマも始まってくるはず。
期待したいと思います。
[PR]
by natsue-t_bear | 2011-01-04 18:32 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

新しいドラマ

ようやく本格的にというか、やっといつものHawaii前わくわくDayがやってきているここ数日。
なんだか異常に落ち着かない。
急なラストスパートがいけないのでしょうね。
いつも出発する日の昼間(フライトはどっちみち夜なので早くても午後3時とかに家を出発するので)に荷物を用意するのだけど、今からシャンプーとかボディクリームとかどれ持っていこうとか考えて、詰め替え容器を使うかとか細かいこと考えてるのです。落ち着かない。

新しいドラマが始まって、曜日感覚がまだはっきりしないのも落ち着かない原因。
ドラマで曜日を認識って、どれだけテレビっ子なんでしょう私。

新しいドラマ、わりと見てます。
1話と2話くらいまでは、とりあえず見るのでまだその段階ではありますが・・・。
今回、わりと「つまんなくないかも?」ってのが多い気がします。
最近は最初からあんまり?な印象のものが多いので余計にそう思えると言うか、判断レベルがゆるいのか?
今ちょっと悩むのは、日曜の9時。TBSかフジテレビかってとこです。
ちなみに1話は両方見てます。
どちらもまあ想像通りの展開ではあるけど、でもつまんなくない。
テンポ悪くないし、出てる人も結構面白いと思うし。
実は松雪さんはそんなに好きな女優さんじゃなかったのですが、ドラマ的にはぴったりのキャスティングだしいいと思いました。
TBSのほうは、単に動物好きってわけじゃなくても楽しめそう。
こちらもキャスティングもいいですね。
キャスティングでいえば、月9のごろーちゃん、なんか違うんですが私・・・
別に、ごろーちゃん、嫌いじゃないですよ。でもあの役は違う人にやってほしかった気がします。
ほかのキャスティングはばっちりなだけに・・・
あ、上戸彩ちゃんも、どちらかというとそんなに好きな女優さんじゃなかったけど、いいかも☆って思いました。
っていうか、竹野内くん、私かなり好きなんだけど、そして好きなドラマも結構多いけど、イケメンってのが売りかと思っていたという薄情さだったのだけど、実はよーく考えると演技の幅広いですね。
今回の妹を想うお兄ちゃんであり普通の家庭の息子であり・・の感じと、過去にやった、例えば天海さんの上司のエリート警察官とか、石田ゆり子さん演じる奥さんに出て行かれちゃって近所の渡さんにたすけられつつ子育てするパパとか、全然違う人に見えるもの。
移植とかお金が絡むとか、テーマがいろいろと考えさせられるってのも魅力的。
意外に深いと言えば、佐藤健くんのあれね。
あの枠だしもっと若い子向けの軽いアイドルドラマかと思っていたのだけど、意外と深い。
ちょっと道徳的というか・・・考えてごらんって言われているみたい。
小栗くんの日曜のもそういうとこあるかもしれませんね。
一般人のだれしもがちょっと考えてみましょうって思うような、そういうのが今のドラマのブームなのかも。
そのほか、いろいろ見てます。
ニノのドラマは、ちょっと予告の印象と違ってマイナスだったかも。
あの枠なので、軽いというか、ありふれた安心感のドラマが多い中、あの前振りだったのでちょっと違うのかなって思ったけど、やっぱりあの枠ですね・・みたいな。
かんのさんのは、2話まで見て、話が進まない。
私の過去のドラマを見た感想をまとめてみると、基本的に2話は面白くないことが多く、2話が面白いってことはたいていが結果面白いドラマになるほどあえて優秀なこと。
なので、2話が面白くなくてもまあ普通なんだけど、2話見なくても話通じそうっていうか・・・・
かんのさんは好きだし、サスペンスタッチのものは単純に下駄履いてるようなものなので、今後に期待します。
ほかにも見てます。「医龍3」とか。
それからそれから・・・
これから始まるのも楽しみですね。
篠原さんのとか。。。
日テレの篠原さんは好きな作品が多いので楽しみです。
この秋のドラマ、ちょっとここ最近にしては期待できるかも?と思います。
そういや、前の職場の人が「ドラマは春と秋にテレビ局が力を入れる」って言ってたっけ。
せっかくのこの時期なのに、ラブストーリー的なものがない?ってのはちょっと寂しいけどね。
[PR]
by natsue-t_bear | 2010-10-20 09:23 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

日本のドラマ アメリカのドラマ ・・そして韓国のドラマ

そいや、久しぶりの更新です。
ちょっとばっかし気分が下降気味です。
そのためか、また耳が痛くなったりしてます。

こういうときは楽しいことを考えましょう。
いちばん手っ取り早いのがテレビです。私の場合。

しかし最近の連続ドラマ、あまり面白みを感じられません。
今クール、次が楽しみになっているのはあまりないな。
「逃亡弁護士」くらいかな。
ただ単にサスペンスだとそっちに流れやすくなりますので、どうなんだろうという感じでもあるんだけど。
簡単にさらっと流すと・・・
月9「夏の恋は~」は、まあ普通です。(笑)
まあ、夏の月9ってあんなもんかもしれない。
竹内さん、嫌いじゃないけど、かわいいとも思うけど、なんかあのお芝居見慣れちゃった感があります。
「ジョーカー」は、うーーーん・・・出てる人はあんまり好きな人がいないの正直言って。
でも悪くない。
「逃亡弁護士」は、うーーーん・・・こちらも、、、
出てる人はあんまり好きな人がいないの正直言って。
でも先は気になる。
「~9係」は、なんで今更「新」がついてるんだろう?
よく調べてないけど、毎回演出とか脚本とか違う人がやってるのかな?
シリーズごとにテイストが違う気がする。
最初の感じのほうが好き。でもまあこのドラマ自体は好きなのでよしとしてます。
「ホタルノヒカリ2」は、1のほうが好きだったな。
まあ、たいていのドラマや映画は1のほうがよかったって思うもの。
でも向井くんは好き。
「継続~???」は、設定とか事件は面白いのに、損してる気がする。
全体的に暗いテイストとか。演出の問題で好みじゃないのかな。
「GOLD」は、セリフの流れとかテンポいいのにストーリーというかテーマが退屈。
社長と秘書の掛け合いは好き。
「日本人の知らない日本語」は、意外と楽しい。サクッと見れてハッとする。
仲さんがぶっ飛んでるのもいい。
「崖っぷち~」は、マンがみたい。山田優ちゃんがイメージ違うなー。
私だったら違う人をキャスティングするかな。山田優ちゃん好きだけど。
孝太郎くんがナイスキャスティングだと思う。
「うぬぼれ~」は、こういうの、今の世の中に必要って思う。
馬鹿げてるけど絶妙で、意外と計算されてる。
キャスティングも最高。さすがクドカン。
「熱海の捜査官」は、ほんっとにくだらない。でも好き。
あれはオダギリジョーだからできるんだろうな。栗山さんとかそのほかメインの人たちも、ドラマで見飽きてる人じゃないキャスティングでいいわー。
「ハンマー~」は単純だけど見やすい。
昔あったような、バカで軽くてちょっとエッチな学園ものの香りがする。
これも漫画?そんな感じ。
「美丘」は、1回くらい見逃しても話が通じるようなテンポがいまいち。
のんびりやるのを売りにするほどでもなく。
小説も読んだけど、ぜんぜん感じが違うし。それはそれでいいけど。
原作の石田さんの小説「池袋ウェストゲートパーク」のシリーズとか好きだけど、これはちょっとよくわからなかった。
内容が濃いようで実は薄い?
「GM」は、踊る必要あるの?
総合診療でいろいろ探っていくっていうのは面白いんだけどなぁ・・・・

というのが連ドラの感想。

そうそう!
忘れちゃいけない。
昼にやってた「明日の光をつかめ」も面白かった。
さらっと見逃したりしつつも見てたけど、夏休みらしいさわやかさがいい。終わっちゃったけどね。

そんあわけで、日本のドラマに満足しきれてない私。
意外といちばん楽しみなのが、「新ビバヒル」かも。
相変わらず、庶民の私にはぶっ飛び過ぎてて現実味ないし、何しろ高校生の話だからねー。若い。
けど面白い。
昔のと同じく、くっついたり離れたりの金妻状態なんだけど、飽き飽きしはしない。
それにね、結構勉強になりますよ。
この間、映画館でジュース買って、いちばん大きなサイズじゃないのを買ったくせにおかわりしてるのが下品(?)だっていうようなセリフがあったけど、そこで初めて、なるほど!いちばん大きいの以外はおかわりしちゃいけないのねって知ったし。(去年の11月ハワイでの映画館でのブログ参照)
結構海外ドラマで知る海外の文化ってありますね。
今は、アメリカのドラマはこれしかみてないけど、以前は「LOST」とか「アリーマイラブ」とか「フレンズ」とか見てました。
フレンズなんてアメリカの文化を知るチャンスすごく多いです。


それからそれから・・・
ほとんど毛嫌いしてた韓国ドラマ。
最近は昼間にやたらと韓国ドラマばかりやってるので見てます。
なぜ毛嫌いしてたかというと、冬ソナブームの頃、友達に私は見ないほうがいいって言われたの。
たぶん、なじめないし突っ込みたくなってはまれないって。
確かに・・・。
確かに、そういうドラマも多かった。
韓国ドラマでも、いわゆる大映ドラマ的な、出生の秘密だの記憶喪失だの異母兄弟だの出てくるのはちょっとなじめないです私。
韓国特融の、軍隊とか、北と南とか、そういうのも無理。
基本的にやくざ映画やヤンキー映画も好きじゃないので、その手のも国が変わってもやっぱ無理。
で、私が今気に入っているのは「コーヒープリンス1号店」。
ちょっと前に見たのだと、「私の名前はキムサムスン」とか「ニューハート」「華麗なる遺産」「タルジャの春」「イケメンですね」あたりが好きだったなぁ。
コーヒープリンスやイケメンですねは、いわゆる少女漫画的な、日本の連ドラで言うと「花より男子」「メイちゃんの執事」みたいな感じが楽しいのかも。
サクッと見れるし次を知らないからこそ先も気になる。
「ニューハート」は、まさに「コードブルー」ですね。
この手の現代の日本ドラマに通ずるようなテイストの韓国ドラマは好きみたいです。
冬ソナは見てないけど、「天国の階段」はそっち路線ですね。
一応見たけどやっぱりはまりはしませんでした。

けれどやっぱり日本のドラマってなかなか良いと思います。
いろいろ考え抜かれてることが多い。
アメリカや韓国って結構大雑把でしょ。
この間のビバヒルなんて、学校のランチのシーンで、食べ終わった後トレーを持って立ち上がったのに、カメラアングル変わったらトレー置いて去ってた。
日本のでもたまにあるみたいだけど、でもあんまりないですよね。
結果あの話題はそのまま終わっちゃったけどいいの????
みたいなのも、アメリカや韓国ドラマのほうが多そう。
海外の人は日本のドラマを見たりするのかな?
だとしたらどんな感想を持っているのでしょう。
ちょっと聞いてみたいです。

ちなみに・・・
私が高校生だった十数年前、交流会があった学校の生徒さんが、「東京ラブストーリー」見てるって言ってました。
当時はまだ日本のものそのままっていうのダメだったような気がするけど・・・。
ついでに、その学校、実はコーヒープリンスのコン・ユも行ってた大学らしい。
知らなかったわ。



あーーーー。
ドラマのことだとどれだけでもしゃべれるなー私。
[PR]
by natsue-t_bear | 2010-09-03 18:46 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

ドラマと小説。鶏か卵か。

ドラマが好き。
小説も好き。
気に入った小説に勝手にキャスティングして遊ぶのも好き。

けれど基本的には、ドラマは原作なしの書き下ろしが嬉しい。

でも…
書店で、帯に‘ドラマ化’とか‘映画化’とか見つけると手に取らずに入られないんだよなぁ。

今回ドラマが始まる前に読んでしまうつもりで買ってあったのが、石田衣良の『美丘』。
ドラマは土曜9時の日テレ。
ジャニーズ枠と化していたのに意外な感じ。

しかし、ドラマは第1話がすでに始まり、読み始めに遅れた。
どうしよう。
同時進行か?
[PR]
by natsue-t_bear | 2010-07-13 13:12 | 大好きテレビのはなし | Comments(0)

辛口ドラマ評

お天気のせいなのかちょっと落ち気味です。
そういう時は楽しいことだけ考える。
まずはとりあえずこのところ最終回をむかえている連ドラ評でも・・・

<日曜日>
『新参者』
さすが東野さんと思いました。ストーリーはなかなか面白かった。
阿部ちゃんほか、みなさんのキャラもはっきりしてて、作りもワンパターンの良さを持ちつつ、毎回小さな疑惑ストーリーがある的な作りが、ファミリータイプでよかったと思います。
犯人に関しては、正直最初にわかっちゃってましたけどね。
あのドラマはそこが問題ではない気がします。
なので、私的には満足。

<月曜日>
『月の恋人』
まだ終わってませんけど・・・
いやね、月9見ない自分ってちょっと許せないんですね私。
自称ドラマ1級なもので。
だけど正直途中で辞めたくなってます。
ストーリー、無くないですか????あれ。
夏の月9のポップな感じというか、ファッション性押しにはなってないし、キムタクの主人公がいけすかない奴かと思ったら苦悩を抱えてもいて・・っていう攻めがしたいなら、もうちょっと違う気も。
出てる人、個性的で華やかだから、もうちょっとどうにかしないともったいない気がします。
かなり惜しい・・・いや、がっかりか?

<火曜日>
『絶対零度~未解決事件特命捜査~』
これ、正直出てる人豪華で意外にダメでは?なんて思ってたけど、楽しかったです。
刑事たちの個性がはっきりしてて、みんな結局いいやつらってのも私の好みです。個人的だけど。
事件自体は、結構あっさり解決しちゃったりするけど、ドラマのつくりではまだまだ広げられそうで、次回作っていうかセカンドシーズンもやれそうな気がする。
上戸彩ちゃんだとキャスティング難しいかな?
ドンパチやるわけではないしお金かかってなさそうだからキャスティングにお金かけても大丈夫じゃない?って思うけど。
あと、個人的には、刑事たちのファッションも個性出しててみるの楽しかったです。
彩ちゃんのストリート系?も、山口さんのできる女系スーツも、丸山さんのさわやかクリエイター系ニットも。

『ジェネラルルージュの凱旋』
これはまあ、ストーリーはベストセラーですし、ドラマ版も、セカンドシーズンみたいなもんですからね。
ある程度、下敷きあると楽でしょう。
けれど、基本的に、どんなドラマや映画でも、2って落ちるでしょ。
そこから考えたら悪くなかったかなと。
映画版は見てないので何とも言えませんけど。
仲村トオルさん、かっこいいなぁー。海猿ファンとしてはたまりませんね。基本仙崎派だけど。

<水曜日>
『臨場』
これも原作が横山秀夫で、さらにシリーズですからね。なんとなく予想通りっていうか。
振り返れば、前作のほうがよかったって言う印象かなとも思えなくもないです。
平山さんのキャラがちょっとぶれてたというか、なんかやらかすのか、そうでもないのか、結局そうでもなかった・・みたいなのが気になりました。
まあ、これもシリーズ化なんでしょうかね。
刑事ものはテレ朝ですし。
シリーズ化になれば、また次回も見ると思います。

『アイリス』
イ・ビョンホン、かっこいいですねー。
韓国の俳優さんあんまり興味ないんですが。
最近になって、時間あまってるだけあって、韓国ドラマ見だしてますが、もっと現代的でポップなほうが好みなので、イ・ビョンホンありきってわけじゃないです。
たぶん、ちょっと前の韓流ブームのおばさまたちも、こういう種のドラマが人気だったわけじゃないかも。
きっとテレビ局側は、おばさま以外のブームを再びって思ったのかな。
内容はかなり男性向きですね。
常にドンパチやってるし。
国の任務とか、北と南とか、ちょっと今の日本人にはリアルに感じられないところがある気がします。
同じような男性向きの緊迫したものでも、買収とか無差別テロとかのほうが、まだ日本人にも身近なのかと。
一応まだ見てるけど、時間の問題で辞めちゃうかも。
つーかこれ、あと何話くらいあるの?2クール行くのかな?

『Mother』
これはもう、あのつぐみ役の子にやられましたねー。
彼女、今年6歳になったばかりらしいです。
本来、ちょっと実年齢よりも下を演じることが多い子役なのに、実年齢よりも上を演じてあの演技。
すごいです。
正直言って、松雪さんとか、田中さんとか、ちょっと暗めの印象が強くて好きじゃなかったんですね私。
けど、あれはあのキャスティングがぴったりです。
ちなみに脚本は東京ラブストーリーなどの坂元裕二さん。
さすがです。
印象深いセリフ多かったなー。
とくに、つぐみのセリフがね。
本当のママが東京にやってきて、ハグしてもらった後にれなは死んじゃったというあのくだりもよかった。
養護施設からこっそりお母さんに電話して、もう一回誘拐してっていうのも印象的。
ストーリーも、母娘の関係性が何個もリンクしてるってのがいい。
散髪屋さんのお母さんが服役してる理由も、最終的に私たち視聴者にだけわかるのもいいなぁ。
個人的に、クリームソーダはのみものですと、ちょっとした内容が複線とまではいかないまでに繰り返されるのも好きです。
この水曜10時の日テレ枠は、以前ティアーズウェンズデーと言われて、泣けるドラマ枠だったのですよね。
そのベースがあるからか、こういう作品出るんだなぁーと。
個人的には今クールナンバーワンです。

<木曜日>
『同窓会〜ラブ・アゲイン症候群』
これはねー。ちょっと私には年齢的に早かったかな。
あんまり感情移入はできなかった。
ドラマって誰かしらに感情移入して楽しめるんだけど、誰にもできない。
結婚もしてないので。
いつか主婦とかだったら再放送みたいですね。

『素直になれなくて』
今クール一番期待してました。
出てる人みんな期待できそうな若手の人気だったし、何しろ北川さんの脚本だったので。
北川さんはほんと大好きな脚本家です。
たぶんほとんど観てるし。ちなみに一番何回も見てるのはオレンジデイズとたったひとつの恋。
けどなー・・・
正直言ってちょっとがっかりした。期待してたから余計なんだけど。
もうちょっと、いろいろ掘り下げられた気がします。
ナカジのお父さんの病気云々とか、ハルの弟君の薬の件とか。
それぞれの家族関係も描くなら描くで。リンダもドクターも家との関係微妙っていう設定作ってたわりにはあんまりかかわらなかった。
ノータッチなら背景設定としてちょっと出して終了とか、いっそのことピーちの背景みたいにまったく出てこないくらいのほうが楽かも。
リンダの自殺も早すぎた気がする。
もともと同姓が好きな人だったのなら、あのくらいは過去にも経験ありそうだし、そうじゃなかったなら、もっと戸惑うとこ入れてもいいかなと。
家族間の確執もここに原因あったならなおさらだし。
編集長が本気だったのは救いだけど、リンダの知らないところで、視聴者だけにも2話くらい前にワンシーンの伏線を入れておくだけで印象違ったかなと思うし。
ラストもなぁー。ちょっと残念。
・・とはいえ、北川さん、なんだか大変な中書かれたようなので、それはそれで感動した。
ドラマも映画も、メイキングとか製作の場を覗き見ると、作品の評にげた履かせちゃうんだよね私。
情に流されやすい。
そこが私のダメなところか。
けれど、北川さんにはこれからも注目。
やっぱりあの人ほど、いつまでも女子の目線持ってる人いないと思うし。
楽しみにしてます。

<金曜日>
『警視庁失踪人捜査課』
これ、まったく期待してなかったけど面白かったです。
内容は一話完結なので、そんなに濃くはないのかもしれないけど、楽しめました。
こういう刑事ものの一話完結って、あまり難しくてもダメだし、軽過ぎてもね。
それにしても、刑事ドラマの警察って千差万別ですね。
上戸さんのいるあのセットと対照的に、とってもスタイリッシュなかっこいいセット。
日テレあたりのオフィスドラマにありそうな感じ。
これはシリーズ化はないのかなぁ。
あったら観ますよもちろん。
それにしても、高畑さん、いいですねー。ドラマもバラエティもこなせて素敵な女優さんだと思います。

『ヤンキー君とメガネちゃん』
最近の若い子のドラマってどうしてヤンキー色強いんでしょう。
あんまり得意じゃないのだけどヤンキー。
でも、成宮君も仲さんもいい感じだったと思います。
内容は軽いけど、軽い感じがよかったし。
ちなみに、このドラマ、最初はNEWSの錦戸くんで考えられてたみたいなこと週刊誌で読みました。
またそれはそれで違ったかもね。
錦戸君っていったら、なんか過去に挫折してる役がイメージづいちゃってるから、あえてこういうのもね。
成宮君と共通してるのは、普通の家族に囲まれてるイメージがないこと。
まとめると、まあまあ面白かったです。

『ハガネの女』
これもまだ続いてますね。
まったく期待せず、1話だけでもとりあえずって感じだったのだけど、面白い。
子役好きにはたまらないほど、有能な子役がたくさん出てますし。
よくあるモンスターペアレンツに悩んだり、妙に大人過ぎる残酷な子どもばかりってわけでもないし、うーん・・何が違うんだろうか、救いのある教室ドラマって気がします。
同僚の先生や校長がある意味的っていうようなよくあるパターンでもないところがいいというか。
吉瀬さん、今までの役のイメージを変えた気がしますね。
まだもう一息楽しめそうだと思います。

<土曜日>
『タンブリング』
こちらもヤンキー色強し。
思った通りのストーリーで、ある意味どんでん返しもなく期待も裏切らず。
まだ最終回迎えてませんが(今夜ですね)、悪くないと思います。
うーーん・・
あの中では個人的には大東くんですかね(笑)好みの感じ。
あ、その前に大塚寧々さん。すてきです。

ちなみに、怪物くんは見てません。
大野君ファンでもないし。怪物君はアニメは世代なので見てたけど。

『新ビバリーヒルズ青春白書』
これはまだまだ続きますが・・・・
昔のほどじゃないけど、衝撃的でストーリー豊富で楽しいです。
ほんとうにビバリーヒルズの16歳ってあんななの???
NHKは基本的に見ないのですが、これだけは見逃さないように見てます。



・・・・とまあ、こんな感じですね。
かなり辛口評だった?
私の勝手な感想なのであしからず。
[PR]
by natsue-t_bear | 2010-06-26 19:56 | 大好きテレビのはなし | Comments(2)