ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:わんこのはなし( 34 )

1年

昨日は、おすかが旅立ってちょうど1年。
あっという間のような、長かったような。
朝晩のお散歩をしないのは、とっても楽になったようだったけど、最初はなんだか手持無沙汰で、それもしばらくすると当たり前になって慣れていて、ふと気付くと、お散歩を通してご近所のわんこと出会うことが多かったため、よそのわんこをさわる機会もそれなりにあったんだなぁと。
あのふわふわとかぷにぷにとか、動物独特の体温や何とも言えないにおいとか、そういうものにも最近ではあまり出会うチャンスが無くなっています。
あー、犬触りたい。

で、だったらば、おすかとは違うけれど、また別の犬を飼うことはしないのかと言われるけれど、正直って「飼いたい」と「飼える」は違うわけで。
以前、ものすごーくボーリングにはまったときがありまして、そのときはひとりでも行ってたし、一度に何ゲームお投げてたのですね。
今はそういうこともなくなった。
けれど、ボーリング自体は好きなので、機会があればやるのだけど・・・
とっても重い腱鞘炎になった時、すでにめったにやらなくなっていたはずのボウリング、あぁ、もう一生できないかもしれないなぁ・・・と思いました。
「やれるけどやらない」というのと「やれない」ってのは違うという。
そんな感じで、わたしはもう犬を飼わないのかなぁと思うと悲しい。
最初の数ヶ月はぶっちゃけ、なんだか思い出してぼーっとしてしまったり、ふとした拍子におすかがもういないってことに悲しくなったりしてたけど、今の感じはまた違って・・・
じんわりこうして続くんだなぁと。

そんなわたしの犬欲。
犬に関する欲求。
とりあえず近々おともだちの赤ちゃんわんこに会いに行って満たす予定。
あとは毎日また今日もよろしく!そしておやすみ!をおすかにね。



そんな今日この頃。
来月行われる、チームゆずの「絵本と一緒」のイベントに関して、じわりと宣伝中。
日程とか、ワークショップの募集とか、ゆずブログに書いたりしてます。
ぜひご覧ください。
[PR]
by natsue-t_bear | 2014-04-28 14:54 | わんこのはなし | Comments(0)

新しい寄り道スポット

先日、車でちょっとのショッピングセンターに新しいペットショップができたらしく、今日行ってきました。
わんちゃんねこちゃんの生体販売だけでなく、お洋服やごはんやおやつ、ベビーカーやベッドなども売っているし、SPAに病院にしつけ学校まであってなかなかこの辺にはおしゃれですてきな場所でした。
今となっては、寄り道スポットとしてわんちゃん見に行くだけなんだけど、ウチにわんこがいたらもっと楽しいだろうなぁ~。

おすかが旅立って1年近く経ちますが、自分の家に犬がいないと、よその犬をさわる機会も減るもんなんだなぁと感じます。
お散歩だったりなんだりで、よその犬と出くわすことも多かったからね。
ご近所のわんちゃんつながりの方々ともあまり顔をあわせなくなるわけで。
今朝も、ゴミだしのときに久しぶりにはす向かいのダックスちゃんをなでなでさせて貰いました。
肉球のむちむちとか、くんくんする小さい声とか、やっぱりいいのですよね~。
今日のペットショップにもちいさなシーズーちゃんがいて、抱っこさせて貰いました。
見た目がふんわりしていたので、結構大きめかな?と思ったけど、抱っこするとだいたい晩年のおすかくらい。
となると2キロ前後?
おすかはウチに来た時にはまだ両掌に入るくらいだったので、やはりおすかよりは大きな子なのかもしれません。
ただ、抱っこするとやっぱり犬っていいなぁ・・と。
たぶんもう飼うことはないような気がするけど、ウチに犬がいたらなぁなんて再度再再度、思ってしまいました。
[PR]
by natsue-t_bear | 2014-03-13 18:13 | わんこのはなし | Comments(0)

お花に囲まれて

先日、父が庭に花壇を作りたいと言い出し、ホームセンターでブロックとお花と土を買ってきて作業していると、ご近所さんが通りかかりにやってきました。
立ち話の流れでおすかのこともお話しました。
たまたまですが、前日におすかも会った方々だったので、しかもとても元気なときだったので、みなさんびっくりされていました。
お葬式する前に会いたかった、すぐに教えてくれればよかったのにとまで言ってくださったり。
前のブログでも書きましたが、思い返せばわたしに犬飼いたいブームが来たのはガーデニングにはまっていた時にわんちゃんのお散歩で皆さんが通りかかったから。
たぶん、犬と言うきっかけがなかったら、そんな風に御近所さんと仲良くなることもなかったような。
小さな子どもでもいない限り、専業主婦のいない家は御近所づきあいなんてないんですよね。
おすかのことをほんとうに寂しく思ってくれる御近所さんがいることに感謝。
そんなつながりをくれたおすかとお友達のわんちゃんたちに感謝。
おすかのお骨と写真を飾ったスペースには、ご近所さんが届けてくれたお花がいくつも飾ってあります。
みなさんありがとう。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-05-07 22:13 | わんこのはなし | Comments(0)

おすかのこと

今から15年前、それまで大学生活やらなんやらで結構忙しかったのがぽつんと暇になったわたしはガーデニングにはまりました。
玄関前の狭いスペースに置く寄せ植えを作ることから始めていたのですが、その作業をしているとガーデニング好きの御近所さんだけでなく、わんちゃんのお散歩のときにも声をかけて貰ったりするようになりました。
そうしているうちに、わたしの中に本来あった“犬飼いたい欲”がふつふつと沸き、毎日のように「犬飼いたいー」「わんちゃんがいたらなぁー」と言っていました。

そんなとき、弟の学校の役員をしていた母がお世話になった先生と話していたら、その先生の家にいる犬が子犬を産んだら譲ってあげるよと言っていただいたのです。
しばらくして、先生の家の犬は残念ながらそのタイミングでは妊娠しなかったのか、それとも子犬が少なかったのか、ちょっと記憶があいまいですが、先生の妹さんがブリーダーさんで、そこの子を譲ってあげるという声がかかりました。

わたしのほうは小さい犬ならどんな種類でも男の子でも女の子でもいいと思っていたのですが、当初、では・・と言われたのがシーズーの女の子。
シーズーは知っていましたが、早速どんな種類なのか調べてみたり、名前を考えたり。
けれど、数日たって盛り上がってきたときに、「やっぱりおすでもいい?」と。
一瞬はがくっときましたが、もともと子どもの頃飼っていた犬もおすだったし、「わんちゃん=男の子」のイメージが強かったので大歓迎。
またまた名前の練り直し。

1998年9月12日。
お天気のいい日でした。
わたしは母と一緒に弟の母校にひきとりに行きました。
ブリーダーさんの家は練馬のほうで、そこからはるばるケースに入れられ足立区まで。
さらにわたしたちがここ柏へ連れてきました。
ブリーダーさんとはいえ、わんちゃん一匹一匹に愛情のある方で、生まれたばかりのとき(7月20日、当時の海の日の生まれです)の手の中に入るような小さな時の写真をフレームに入れて一緒にプレゼントしてくれました。
きゅんきゅんという声でなく、その犬を、わたしはオスカーと名付けました。
命名のはなしは以前にも書いたので省略・・・。

当時のわたしはまだテディベアを本格的に習ったりもしていませんでしたし、正直言って楽しいことがほとんどなかった毎日を過ごしていました。
お世話になっていた会社もそこでの仕事もまだ楽しめると言うこともなく、ただ毎日、いいにせよ悪いにせよ、がらりと生活が変わってしまったらいいのにと思う毎日でした。
そこにおすか。
当時、もともと渋谷区に住んでいた母方の祖母もこの家に同居し始めており、弟も一緒に住んでいたのでおとな5人と子犬1匹の暮らしです。
わたしだけでなく、我が家のいろんなことが小さく変わったんじゃないかな。


そうしてもうすぐ15年。
祖母はおすかが来てから半年後に亡くなりました。
弟は数年前から東京に住んでいましたが、この春博多に転勤になりました。
父母わたしの3人と老犬1匹。
そんな感じも悪くない。
まだしばらくそんな感じだな。
そう思っていました。


そんなおすか、4月27日土曜日。天国へ旅立ちました。
14歳と9ヶ月と7日。


足腰は弱くなり、食にむらがあったり、体重もかなり落ちていたけれど、正直まだ大丈夫だと思っていました。
大丈夫なはずでした。
金曜もお散歩もして、調子のいいうちにと美容院まで行って小ざっぱりしてきていましたが、土曜の朝またこの間の色味のある鼻水が出ていたので病院に行きました。
待合室で大量に嘔吐し、点滴と注射。
鼻水の感じから、この間の菌がまた出て来てしまったのだろうということでお薬も貰いました。
今日は点滴したから明日から飲んでね。そういわれて帰宅。
その日は、前々から予定していた大好きなCHARGEの公演があり、わたしと母は病院のあと出かけました。
ちょうど父が休みだったし、今日は点滴と注射をしたので大人しく寝させて、ごはんもお水もあげなくていいですと言われていたし、先生もすぐにどうこうって言うほどじゃないって言ってたので。

感動的な舞台終了後、父からの電話。
おすかが動かなくなった。
すぐに病院に電話をして、父に行ってもらいましたが、その時にはもう亡くなってしまっていたそうです。
病院の先生も、苦しんだ様子が見られないと言っていたそうです。
父が言うにも、ひきつけの症状があったので、そのあとしばらく抱っこしていたら寝たので毛布でくるまらせて寝かせていたら、気付いたときに動かなかったということなので、ほんとうに静かに亡くなったのでしょう。
わたしは1時間ほどかけて急いで帰りましたが、帰った時にはもう、箱の中で目を閉じていました。
まだ、そのあと感じる冷たいところまでには至っておらず、ほんのりあたたかさもあって、前日にシャンプーしたての毛がふわふわとわたしの息に揺れると、ほんとうにただ眠っているみたいでした。
天国へ旅立つ瞬間には一緒にいてあげられませんでしたが、ここしばらくはほとんど一緒に過ごし、ひきつけを起こすたびに、わたしがひとりのときにひきつけをおこしてそのままパタンと死んでしまうのはよしてよね~と冗談ながらも言っていたのをわかっていたのかな。
何の芸もできない決して優秀な子ではなかったけど、この散らかった家の中で常に放し飼い、以前はみんなフルタイムで働いていたので自由にさせていたのですが、それでも何かを誤飲することもなく、家具や物をダメにすることもなかったおすか。
病気も怪我もなく、病院にかかったのもここ最近だけです。
最期もわたしのこと考えてくれたのかな。
これほど飼い主を楽にさせた子はいない気がします。


昨日火葬を済ませ、お骨になったおすか。
すぐそこにお骨と写真を飾ってるのに、なんだかまだ、床に丸まったままわたしが放置したブランケットの中にいるんじゃないかとさえ思います。


f0070127_991325.jpg

ちょうど一週間前、とっても元気でごはん完食うんちモリモリだった日のおすか。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-04-29 09:09 | わんこのはなし | Comments(0)

このところ

このところ、毎日毎日、おすかのお世話とベア作り(半分は考えること)ばかり。
スーパーにさえあまり行ってないので話題がないですが・・・

おすかの調子はだんだんよくなってます。
先日血液検査したら、かなり数値もよくなってたし、ごはんも少ないですが食べてくれたり。
毎日じゃないけどうんちも出たり。
けれど体重は減ってます。先日病院で計ったら2.3キロ。
チワワレベルです。
あまり食べてないので、うんちしたら軽くなるっていうそういうバランスのようです。

で、試行錯誤のごはんは、毎日朝晩2回なのだけど、それぞれに1時間くらいかけてます。
ほとんどが待ち時間なので退屈極まりない。
赤ちゃん育てるってこんな感じかな?
おすかは赤ちゃん犬時代のほうが楽だったなぁー。
わたしには人間の子どもを育てることはできなさそうです。

そのごはんの内容。
基本的には腎臓サポートのごはんを食べさせているのだけど、これが相当まずいらしくなかなか食べません。
しかも、先生のお話によると下痢になりやすいかも?とのことで、食欲増進&いいうんちのためには、腎臓のことはとりあえず後回しにしましょうってことで、最近は消化器サポートの流動食を食べてます。
しかしその流動食もすぐに飽きたようで・・・・
先日は先生にその消化器サポートのごはんのドライフードバージョンをサンプルで少し頂いたのでそれを食べさせました。
すると、喜んで食べる食べる!
しかしサンプルはサンプルなので、量が少ないのです。
仕方ないので今朝は、残っている流動食バージョンに大好きだったバナナを刻んでトッピング。
見かけはチョコバナナケーキのよう!あらかわいい!美味しそうじゃない?!
などと言うのだけど、そんなのかんけーねー・・小島よしおばりにお断りされました。
バナナはそのままあげたら食べるのですけどね。
少しでも気分じゃない味がつくと食べない。
なんて贅沢な!
こっちは毎日同じものばかり食べているって言うのに・・・
で、少しだけ残っていた消化器サポートドライフードバージョンをあげたところ、やはり喜んで食べるのね。
ほんのちょっとしか残っていなかったので完食!

さて・・・どうする??

買ってきてしまいました。消化器サポートドライフード。
いちばん小さいので1キロなので2000円以上します。
買ったら食べないって言うオチ、今までも結構あったので、かなりハイリスクな挑戦ですが、買ってきちゃいました。
食べてくれよー。
こっちは最近まったくお買い物をしなくなったので、おすか係数がいちばんかかっているのですから、頼みますぜ。
しかも、先日我が家にもお知らせが届きましたが、愛犬家のみなさん周知のフィラリアのお薬の季節が始まります。
そのためか、はたまたちょっと前に始まってる狂犬病か、とにかくその手の検査&注射等々で元気なわんちゃんたちも病院に来るシーズンなのでしょうね。
今日は病院激混みでした。
診察日じゃなくてよかったー。
っていうか、この後しばらくはこの混み具合かと思うと、診察必要なことにならないで欲しいと願うばかり。

そんなおすか、今日はお天気がよいので窓際で陽のあたるところ探してお昼寝中です。
ドライフード食べるかしら~。。。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-04-18 11:31 | わんこのはなし | Comments(0)

流動食をペロペロ食べる

少し前から具合の悪かったおすか(愛犬オスカー・シーズー・14歳)。
変な鼻水は薬が効いて無くなったものの、食べないし、食べたら戻すし、便秘だし、動かないし・・・
で、数日おきに病院に行ってます。
先日も、行く予定じゃなかったんだけど、大好きなバナナやパンでさえ食べないので急遽病院行ってきました。
けれど、体重も減っていて、口の中や舌も赤さが薄く、食事もしていないと来たら、できるだけ採血しないほうがいいしーってことで血液検査はせず、点滴と注射を少しして、ごはんをどうするべきかを先生にご相談。

先生からの提案では、一時的に食欲を出すお薬もあるけどどうする?って。
けれどそれは、ある意味麻痺させているようなお薬なので、効きすぎちゃって暴食する子もいるし、その場合誤飲するなども考えられるし、できればお薬は飲まないほうがいいとのこと。
で、ではでは流動食の缶詰ってのはいかが?ってなりました。
いつも食べさせてる腎臓系の病院食のごはんよりは多少美味しいかも?って話で、それをお水と一緒にミキサーにかけて、注射器で少しずつ注入してくださいと言われました。
先生がわたしに、口のどの辺に入れたらいいかなど、やり方を説明するために、試してみたところ、ものすごく嫌がって、口をとじて背けるおすか。
「これはちょっと手ごわそうですね・・・」と先生苦笑い。
けれどまあ、それが難しかったら、食欲UPのお薬も試すことを考えながら、今回はその流動食のごはんと注射器も購入。

でね、家に帰って早速作ってみました。どろどろごはん。
ちなみに缶詰は、サバ味噌みたいな?焼きとりみたいな?そぼろごはんみたいな?そんな感じのちょっとしょっぱそうな香り。
味はさすがに試してないけれど、いわゆるドッグフードの香りとは違うので、おすかも気になって見に来たくらい。
さて、この後注射器との戦い。
嫌がってその液体が飛び散ったらいやだなぁーとか、またわたしこの老犬の異常な力で手をかまれるんだろうかとか(数日前に指先噛まれて久々血がポタポタなるほどえぐられたの!)、超緊張。
けどね、どうしちゃったの?ってくらいに、おすかがその香りに興味津津だったので、そのままお皿に入れてみたら、あれまびっくり!
スープでも飲むみたいに、ペロペロと自ら食べる食べる!
とりあえず、数日間ほとんど食べてなかったので、ついに勝った!!!って気分。

その後、普段のごはんの缶詰バージョンと流動食ごはんを一緒にミキサーにかけたりしつつ、だましだまし与えてます。
注射器使わずにね。
けれど、あいつもバカじゃないらしく、こっちの工夫は見抜くんだよねー。
今夜もこれからわたしとおすかのだましあいです。

老犬で元気がないのは仕方がないけど、食べないとか戻すとかはとりあえずナシにお願いしたいものです。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-04-13 18:23 | わんこのはなし | Comments(0)

映画

昨日はアカデミー賞の発表がありましたね。
最近はほとんど映画を見なくなりましたが、実は結構映画好きでした。
その昔はレンタルビデオを含め、年間200作以上は見ていたはず。
その頃は見たものを記録するページも作ってたりしたけど・・・

我が家の愛犬おすか、文字にするといつも「おすか」と書いてますが、本来は「oscar」です。
この名前は、アカデミー賞のあのオスカー像から、そして受賞することの言いかえとして使われてもいる言葉から、頂いて名づけました。
我が家のおすかは今年の7月で15歳になる予定。つまり98年生まれです。
その1998年のアカデミー賞は、大ブームだった「タイタニック」でした。
当時は普通にテレビ放送で授賞式が見れたのでとてもよく覚えています。
懐かしい・・・それだけの月日が流れているっつーことですね。

最近はそのおすかも日々年老いていくのがわかります。
ここ数日はごはんをあまり食べないので、ついにお皿に何粒出して何粒食べたのかをカレンダーに記録するようになりました。
体重も、ピークで4.2キロという、シーズーにしては極小だったのが、さらに少なくなり現在2.5キロ。
先日連日病院に通院し点滴していた時は2.8キロ~2.9キロくらいで、先生にもせめて3キロになるように頑張って!と言われているのですが、あまりに食べないのでどんどん少なくなってきてしまっています。
とはいえ、食欲がないわけではないらしく、犬用のパンやおやつのチーズやお肉は食べるし、人間が何か食べると欲しがるし。
先日のあのぐったりではないのだけが幸いですが。
そんな感じなので、まさに次の桜は見れるのだろうかと最期を感じた人間が数えるように、弟が次に我が家に来るときにまだ元気でいられるのだろうか、15歳の誕生日は迎えられるのだろうか、などと思ってしまったり。

子どものころから、犬、ウサギ、インコ、お魚など、多少ペットなるものを飼っていたけれど、みんな不意に死んでしまったので、こうしてだんだんと年をとるペットがいるって初めてです。
子どもが小さいときにペットを飼うといいとよく言うけれど、どうせならこういう場面も子どものうちに味わったほうがいいんだろうなぁとか思ったり。

ウチのおすか、来年のアカデミー賞の日もこんなことをブログに書けますように・・・
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-02-26 14:25 | わんこのはなし | Comments(0)

ご指名入りまーす!

連日おすかの病院通い。
どうやら体内に炎症があって、おしっこにも細菌や血の成分がでてきていたみたい。
先生にOKを貰ったので、日頃腎臓用の病院食(ドライフード)を食べているのに、白米のおかゆにさつまいもとフード少しもまぜたものをあげてみたら多少食べてくれます。
けれどほんとに少しだしきまぐれ。
排泄もうまくできてないし心配は変わりないんだけど、それまでのぐったりではなくなってきたので、もしかしたら点滴と抗生剤も効いているのかな?
明日は再び血液検査で、細菌の数値が変わっているかチェックするようです。
治ってたらいいなぁー。
やはり、もちろん通院することそのもの&病院代も大変ではあるけど、本人(おすかね)が一番疲れてるし大変そうだし。
できれば通院は長引かせたくないのです。

さてさて、おすかがお世話になっている病院は、院長先生のほかに先生が10人くらいいます。
看護師さんも同じくらいいて、診察室もたくさんある病院。
といっても、いわゆる個人病院なんだけど、結構人気の病院です。
今日のような土日の午前中は結構混んでいるので、待つこと請け合い。
まぁ、わたしは診療時間前に行くようにしているし、のんびり待てばいいのだけど・・・
で、先生のご指名ができるのですね。
大きな病気の子はやはり人間と同じで院長先生を指名する場合も多く、わんちゃんねこちゃんが、お気に入りの先生がいたり、女性じゃないと苦手な子とかもいるので、ご指名制度はいいのかな。
けれど、ウチのおすかはとにかくもう病院に行くだけで大騒ぎな子なので、どの先生でもダメだったのです。
だから申し訳ないけどご指名なしで、おすかに当たっちゃった先生ごめんね・・・状態でした。
しかし、昨年、ある一人の先生のときだけ、眼圧の検査さえも怒らずにやらせているのを発見!
こりゃーすごい!今度からこの先生ご指名か??
と思っていたら、その先生、現在産休中のようで・・・
で、今回の通院は再び指名なし。
まぁ、指名なしのほうが、診察室の空きがあればわりと早く回ってくるので、こっちの都合上はいいのですが。
しかし、先日木曜日に当たった先生はまだ若手だったようで、代わりに採血にチャレンジしてくれた先生が解説してくださった上、昨日の金曜がご指名なしでたまたまその先生だったりもしたので、今日は14年にして初めて!先生のご指名をしてしまいました。
今日の先生は、若いかわいらしい先生なのだけど、説明がわかりやすいし、堂々としているので安心。
おすかも怖がらず、先生もおすかに対してもやさしいので、わたしの個人的に好みなんだよねー。
以前にもお世話になっていたことがあったけど、ご指名は初。
ちなみにご指名料はとられません。
あれ?たぶんないと思うけど・・・明細には載ってないし。
人間もそうだけど、先生との相性ってあると思うので、いいかも!っていう印象は大事にしようと思います。
明日も日曜日で混んでいそうだけど、その先生にご指名しちゃおうっと!
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-01-12 18:55 | わんこのはなし | Comments(0)

わたしも犬も

七福神巡りをした日の夜、あまりに毎日のことでさほど気にしていなかった鼻水鼻づまりがひどいなぁと思っていたら、土曜にはすっかり風邪をひきました。

昨年の春、急にものすごい熱(確か42度とか?)に襲われて3日くらい寝込んだことはあったものの、あれは風邪ではなかったので、振り返ると、3年半前にひいたあの風邪(ちょうど期間限定で別のお店に異動したときだったのでしっかり覚えているのね)以来の風邪っぴき。
けれど、かかりつけのお医者さんはお正月休みでまだ開いていないし、わたしは薬アレルギーがあって市販の薬を飲めないので、とにかく暖かくして寝るのみ。
びっくりするくらいにずっとうんうんいいながら、土・・日・・月。
月曜にやっと病院に行って、それでもベッドでうなる。月・・火・・水。
水曜にはそこそこ元気にバラエティを見て大笑いしてひとりで画面に向かって話すわたしがいました。

けれど、わたしが元気になりかけて、おすかに目を向ける余裕が出ると、あれ?なんだか変じゃないかこいつ???
そりゃ、わたしも寝込んでいるとはいえ、お散歩したりはしてたけど、途中時間があれば父がやってくれることもあって、なんだか記憶もあいまいだったのね。
けれど、どうやら数日ごはん食べてないんじゃないかな?
しかも、ウン@もしてないっぽいぞ。
そういえば、人間が何か食べてても欲しがらないし、そもそも声を聞いてないような・・・・。
それ以前に、最近は老化が激しいのでときどきバタンと倒れたり、ちょっと危険な感じがあったのです。
だから余計に心配。

昨晩もかなり怪しかったので、今日はとうとう朝から病院に行きました。
体重はなんと3キロジャストになってしまいました。
シーズーの成犬で3キロはかなりの小ささ。通常6キロくらいの子が多いのかな?
もともと小さめではあったけど、ピークが4.2キロなので、かなり細くなってしまっています。
症状を先生にお話しして、まずは血液検査。
けれど、なかなか終わらない様子で、もしや新顔の先生で苦手だったか?それともいつものようにおすかが暴れてるのか???
つぎつぎ診察室に違う先生まで入っていくし、ただ元気がないってだけで来たのにまさか急変???
そしたら、あまりに痩せすぎで、血管が出なくて採血できなかったのです。
仕方ないので一端採血は飛ばし、心臓や肺のレントゲン、心臓のエコー、などなど検査しました。
検査結果からいうと、確実な原因はわからず、ただ、老化が原因でいろんなところが少しずつ危険にはなってきているみたい。
とりあえず今日は点滴と抗生剤の注射をしましたが、効いてるのかなぁ・・・・
これで少しずつ食欲が出るといいのだけど。
とりあえず、明日も病院。
再び点滴と注射のようです。
さらには尿検査。
うまくできるといいけど、尿検査のための採取って結構難しいよねー。

しかし、ぶっちゃけいちばん困るのは、なかなかの出費ってことです(笑)
人の話を聞くと、おすかのお世話になっている病院はわりと良心的なようなんだけど、それでもねー。
今日も、わたしの美容院一回分より高い値段でした。
ハワイでだったらUGGのブーツとミネトンカのモカシン買ってもおつり来るかも???
中学生の頃、月のお小遣いがすべて小説になってしまう「本貧乏」を経験したことがあるけど、今のわたしは「犬貧乏」です。
犬のために出稼ぎしないとダメかなぁ(涙)

明日も頑張って通院するぞー。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-01-10 23:20 | わんこのはなし | Comments(0)

雨ですね・・・

今日は何もしませんでした。
ほんとになんにも。
ここまで何もしないのは珍しいです。
したと言えばおすかの散歩くらい。
しかも夕方の部は雨がかなり強く降っていたので玄関の前でお茶を濁しました。

最近のおすかといえば、すっかり老犬化しています。
おもらしもしょっちゅうです。
いや、おすかの名誉のためにいうと、いわゆるおもらしとは違って、ほんとうに「漏れ」ちゃうのですね。
たぶん出ちゃった感覚がないんだと思う。
一応気をつけてお散歩時間を気にしているのだけど、お散歩用のリードをつけると、そういう気分になっちゃうみたいで、玄関でわたしが靴を履くほんの1~2分の間に床にぽとぽと濡れた跡が。
仕方ないので、極力冷静を保っているようにしてます。
怒っても仕方ないし。
母は必要以上に大きな声を出すので、ほんとかわいそう。
怒られてしゅんとなっちゃうよりいいかなと、最近は夕方のお散歩から朝のお散歩までの間は紙おむつをつけることにしました。
嫌がって脱いだり、ぼろぼろにしちゃったりするかなと思ったけど今のところ大丈夫。
家の中でのおトイレ用のシートは、とっても嫌らしく手で掘ってビリビリにしてしまうのだけど。
そのあたりも、老犬化している証拠なのかな。

それから心配なのが、ときどきバタンと転がってしまうこと。
前回病院で先生から、急に倒れたらちょっと注意!と言われていたので、これがその注意信号なのかなと。
病院、行ったほうがいいのかなぁ・・・

このあたりのわんちゃん仲間では、2番目に老犬のおすか。
1番の子は、シェルティーなのかな?MIXなのかな?おすかより1歳上の15歳のみなみちゃん。
3番はチンのボンちゃんで13歳。
この2匹とは会うたびに励ましあってます。
お散歩もみんなのんびりモードみたい。
おすかも頑張らなくては!

・・・っていうか、最近日に日に老犬化しているおすかを目の当たりにすると、自分のペットロスが心配でなりません。
やっぱりおすか10歳の誕生日に仔犬を飼うっていう目標を断念したのはかなりの後悔です。
とにかく今はおすかに長く元気でいて貰おう!
そんなことを思いながら、今日は一日おすかとだらだら。
こういう日もたまにはあっていいのです。
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-11-17 19:17 | わんこのはなし | Comments(0)