ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

遅ればせながらおめでとう!

このブログのカテゴリを改めてみると、書いてるカテゴリと書いてないカテゴリに結構な差がありますね・・・・

なのでたまには「わんこのはなし」

先日7月20日に、我が家の愛犬おすかが13歳の誕生日を迎えました。
パチパチパチ~☆
だからといって特別に誕生日会とかしてない我が家。
まあ、人間の誕生日もお祝いしない家なので仕方ないです。
わたしの個人的な気持ちだけは100%おめでとうだけど。
なので、20日の日は一日中、おそらく30回くらいは「13歳おめでとう!」っておすか本人(本犬?)にも言いましたよ。

さて、せっかくなので、おすかがウチに来た時の話でも。

その頃、わたしはとにかく犬が欲しくて犬が欲しくて仕方なかったんです。
もともと、犬は大好きだったのだけど、その年わたしは大学を卒業して、ある内装の会社でアルバイトしていたんですね。
大学時代の猛烈な忙しさ(&楽しさ)が一気に無くなって、ちょうどつまんなかったのもあるし、時間がある分、近所のわんこのお散歩に出くわすことも多かったんです。
近所に、大の犬好きのご夫婦がいて、お子さんがいない分、ほんとうにわんちゃんたちが子どものようになっているんですね。
今はそのおうちにはわんちゃん6匹いるそうな。
当時はまだ2匹だったのだけど、その子たちが本当に可愛くて、お散歩時を狙っていじらせて貰ってたの。

そんな時、弟の高校の先生の家で、シーズーの赤ちゃんが生まれるかも?というはなしを聞きつけました。
母が学校の役員をしていた関係で、先生とお話することがあった流れで、そんな情報が。
たくさん生まれたらあげるよと言ってくれたと聞いて、もうわたしは小躍りしていました。
が、実際は、その先生のおうちのわんこではなく、先生の奥さんの妹さん・・だったかな?のおうちに生れた子をあげましょうということに。
ブリーダーさんもやっているため、どの子かは選べないし、男の子か女の子かも選べませんでした。
けれどもう、小さなわんこがウチにやってくるってだけでもう!!!!

けれど、おそらく兄弟の中で一番売り物(失敬っ・・)にならなかった子だったはずのおすかは、シーズー特有の受け口でもなく、わりといいお顔☆
サイズも小ぶりなまま、顔もこいぬ顔のままの、いわば「当たり」なわんこでした。
まあ、飼い主のしつけができていない分、何の芸当もできないけれど、それでもとっても飼いやすい犬となりました。
しかも!
この13年、ほとんど病気らしい病気も怪我もなく元気。
ほんとにあたりだったなぁー。
さて、あと何年、わたしのいちばんのおもちゃでいてくれるのでしょうか。
最近は、ちょっと耳も遠く足腰も弱く、老犬になってきているので心配だったりもします。

おすか13歳おめでとう!
   ・・・・いまごろ。
[PR]
by natsue-t_bear | 2011-07-22 17:19 | わんこのはなし | Comments(0)