ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

どきどきの動物病院

今日は、先週言われたように、おすかのおしっこ検査の日。
先週、先生から、
「おしっことってくることできそうですか?」と言われ、普通に「はい」と言ったものの、そういえば、おしっこってとるの難しいよね普通・・・拾えるわけじゃないし・・とか思ったり。
しかも最近はおじいちゃんのキレの悪さ。果たしてうまくできるのか・・・

運よく、今日は父もいて、朝からおしっこプロジェクト!
先生は、コップのようなものでとってって言っていたけど、うまくできなさそうなので、あえて広いお皿的なもののほうがいいのではことになって、プラスチック容器の蓋をきれいに洗ってきれいに拭いて使うことに。
そしていざ採取!!

あっけなく、父が上手に採取して、病院から渡されていた注射器のようなもので無事満タンにとることができました。
で、これを新鮮なうちに(笑)持って行きます。
何しろめちゃ混みの病院、今日はおすかを連れていかなくてもいいので、気楽なもので、とりあえず「20分くらいですが・・」と受付で言われたので、待つことに。
動物病院の待合室は、もういろんなわんちゃんが来るので、落ち着いていられません。
かわいい子もいっぱいだし、珍しい犬種の子もいたりして。
ペットショップではあかちゃんわんこしか見れないので、成犬で、しかも小奇麗にカットされお洋服をきている子もいる病院は、ウキウキです。
みんな病気だっていうのにねぇ・・。

20分くらいして先生登場。
「たんぱく質が気になるので、そっちの検査が・・・」ちょっとよくわからなかったけど、とにかくもうちょいしっかりした検査もしたほうがいいと思うとのこと。
またもや精密検査ってわけか?!
今日は、おすかがドキドキしない分、私がドキドキなのか?お財布事情的に・・・
何しろ、動物病院は、そのお会計システムが人間の常識を超えています。
あれ?いろいろやって貰ったのに診察料だけでいいのですかい?ってときもあれば、あの検査こんなにするのぉ?!って時も。
とはいえ、こちらの病院は良心的なお値段のようです。
お会計の明細にもちゃんと内訳がのります。
ちゃんとしていることは、この人気っぷりでわかるでしょうけど。
そしてさらに30分。

結果、とりあえず今回は、たんぱく質や糖が出たってこともなく大丈夫そうでしたが、なんにしてもおしっこが薄いらしくそれが心配とのこと。
そうだよね、おしっこが薄いということは、いろんな毒素が出てこないってことだろうし。
たまたま水分をたくさんとったとかでなることもるらしいので、また別日に検査しましょうとのこと。
その時の結果によっては、そのまましばらく様子を見て定期的に検査をするか、腎臓の悪化をおさえる治療をするか考えましょうということらしいです。

それにしても、まるで親の老後の心構えをさせられているかのような、おすかの着々と進む老い。
特に病気もしなかった、ある意味飼いやすかった犬なわけで、今になって病院への通院やその費用の大変さを感じ始めているのだけど、やっぱり犬って大変だよねーと思うわけです。
もちろん、犬を飼いだしたら、半端に「やーめた!」ってできないこととか、生きている以上、おなかもすくし排せつもする、それを面倒見てあげないといけないし、忙しいから自分でやってとかできないってこと、そのくらいはわかっていました。
誰もが考えることだと思うし。
病気になることもあるし、年をとって動けなくなることも想像します。
でも、実際あんまりリアルじゃないんだよネきっと。
ご近所でも2番目に長老になってきたっぽいおすか。
ほかのご近所のわんこ仲間にも病気になったり年をとっている子がいて、最近13年経って、しかもわたしの犬としては2匹目だというのに、やっと、だんだんその現実がわかってきたような・・・
こんな風にいうと、もっと大変な病気をして治療をしているわんちゃんやその家族には笑われちゃうけど、でもそういうことだったんだよねーって。
昨年、テレ朝のドラマで「犬を飼うということ」というのがありました。
あれ、地味だけど、とってもいいドラマだったと思います。
ちょっと中途半端な夜(11時半くらいとか)にやっていたので、どうせなら日曜の8時とか9時とかの家族みんなが見れる時間にやって欲しかったなぁと思ったもの。
あのドラマを見ていろいろ考えることも多かったというのに、さらにもう一つ先まで実感している今。
さらにこの後のおすかの老いで、わたしはたぶんもっと勉強させられるんだろうなあと思ったりしつつ・・・。

ドキドキの次回動物病院は2週間後。
今度は検査だけではなく診察もらしい。
おすか、大丈夫か?!ふたりでドキドキです。
[PR]
by natsue-t_bear | 2012-01-19 20:01 | わんこのはなし | Comments(0)