ベア作家的きままな日常

natsuebear.exblog.jp
ブログトップ

なんだかなぁ・・・

気合い十分でバーゲン初日に乗り込んだらもう終わってた・・みたいな気分です。

昨日、整形外科に行きました。
で、久しぶりの人は初診扱いなシステムだったので、2時に受付、2時半に午後診療が始まって、名前が呼ばれたのが3時半。
「以前のとは違いますね。レントゲン撮ってみましょう。」
で、レントゲン。
去年別の病院で撮った時もなんともなかったけど、ほんとに今回のは別物で、今年になってから骨にもなにかあったのなら撮るべきか・・とも思ったので、撮って貰うことに。
そのあとまた診察を待つ・・。
で、
「うーん・・・なにもないね。」
今の症状を説明して、以前のときと比べてどうかとか、こっちに曲げると結構痛いのよーとか、そういうこと言ったけど、
「これ、ほっとけば治ると思います」と。
まじですかーーーーー。
そりゃね、ほっといて治るくらいならそれがいちばんいいけれど、絶対に、わたし医学の知識全くないけど、それでも絶対に、ほっといて治るって言うもんじゃないと思うんだよなーこれは。
なので、「寝れないほどではないけど、ちょっとしたはずみで激痛なんですが」
「手、テーブルにつくだけで、ひーーー!!!って感じなんですが」
とアピールするも、先生が指で押してもあまり痛くないってのをみるとなんともないと。
もはや、これはほんとうに気のせいで、わたしの感覚がおかしいのか???とさえ思ってきたわたし。
まるで、靴が神隠しにあったときに、「あれ?わたしもしかして靴履いてくるの忘れた???」と自分をあり得ない感じに疑った時を思い出す・・・。
靴神隠し事件に関しては2011年3月のブログ参照ね。

で、まぁ、これ以上「ほっといても治らないレベルだと思いますけど????」とはアピれなくなってきたので、退散しましたが。
結局、1ヶ月くらいこのまま様子見てくださいってことに。
この小心者はすでに1ヶ月以上様子見てやっと来たんですが・・・
なもんで、塗り薬だけ貰いました。
「痛くなくなったら塗らなくていいですからね」と言われたけど、これ塗って治るくらいなら、ほんとにほっといても治るレベルでしょうね・・と心では思ったり。


そんなわけで、とりあえず、コンベンションが終わって一息ついた頃がその1ヶ月にあたるわけで・・・
そうしたら、もう一度、手の専門医N先生の予約が取れないか、受付にかけあってみようかなと思います。
普通は、再診は同じ先生の予約をとるらしいのだけど、初診じゃないならN先生の予約もとれたりしないものかなぁと。

「もう注射はできないからオペしましょう」と言われることにめちゃくちゃビビっていたけど、注射どころかほおっておきましょうと言われるとは。完全に腰砕けです。
診察料にレントゲン、薬、おまけに暇つぶしに売店で雑誌まで買ってしまって、なんだか余計な出費。
そして、もったいない時間・・・。
なにしに行ったんだかね。

・・とか言いつつも、さらにがっくし・・で、ほんとうにほおっておいたら治ったなんてことになれば、それはそれでいいのだけど。
ないだろうなぁー。
[PR]
by natsue-t_bear | 2013-06-22 11:25 | 腱鞘炎のはなし | Comments(0)